もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

小池晃書記局長を迎えての愛知県での「日本共産党大演説会」が行われました!!

カテゴリー:

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル

 5月16日、小池晃書記局長を迎えての愛知県での「日本共産党大演説会」が行われました!!!
 平日夜にもかかわらず、2400人の皆様が参加してくださり、笑いあり、掛け声あり、来年の参院選と中間・統一地方選での勝利をめざすパワーをいただく元気な演説会となりました!!!

 井上哲士参議院国対委員長(比例予定候補)も私も、翌日質問で、質問通告を終えて、名古屋に駆けつけ、決意を表明しました。

 すやま初美参議院愛知選挙区予定候補、しもおく奈歩愛知県議も決意表明をし、市民の方も応援演説してくださいました。

 この間当選された地方議員の方々、中間、いっせい地方選挙の予定候補の方々も登壇し、大迫力でした。

 小池晃書記局長は、テンポよく、日本共産党の全体像がわかるような、かなり縦横無尽にお話をされました。
(麻生大臣のモノマネまでやってくれ、似ている!と喜んでいいのかわかりませんが好評でした。)

 参院選で比例を軸に共産党躍進をかちとり、愛知県議選では現有2議席の絶対確保と議席増をと強調しました。
画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、花

 

 国政私物化、公文書改ざんなどで安倍政権の土台が揺らいでいるとし、「参院選で市民と野党の共闘の勝利、共産党躍進で、自民、公明と補完勢力を少数に追い込もう」と呼びかけ、会場いっぱいの聴衆から拍手と歓声がわき起こりました。

 小池さんは、加計学園の獣医学部新設や自衛隊の「日報」隠ぺいなど、「疑惑はささいなものではない。すべて安倍政治の核心にかかわるものばかり。だから必死に覆い隠そうとしている」と指摘しました。

 柳瀬唯夫・元首相秘書官が官邸で3回も加計関係者らと面会したと認めながら、安倍晋三首相の関与を否定したのは、「首相の答弁とつじつまを合わせるための無理な説明」と批判。一連の問題で関係者の証人喚問も行い「真相の徹底究明と責任追及を通じて内閣総辞職に追い込もう」と訴えました。

 また、小池さんは「安倍政権に改憲を語る資格はない」と断じた上で、9条改憲が海外での無制限の武力行使に道を開くものだとし、「9条改憲の発議を許さない一点で力を合わせ、このたくらみを葬り去ろう」と呼びかけました。

画像に含まれている可能性があるもの:もとむら 伸子さん、立ってる

 暮らしの問題では、トヨタ自動車がもつ連結内部留保約20兆円が、期間工も含む国内全従業員の月2万円の賃上げ(720億円)の280年分にのぼるとし、「今こそ格差と貧困をただし、中間層を豊かにする公平、公正な社会をつくろう。99%の国民のための政治を」と力説。消費税10%への増税は中止すべきと述べました。

 小池さんは、「残業代ゼロ制度」をつくる政府の「働き方改革」一括法案に関し、法案の基礎である労働時間の調査結果で、2割のデータが虚偽だったと指摘。「根幹が崩れた法案は、労働政策審議会に差し戻すべきだ」と話しました。

 愛知県政では2議席になった党県議団が、リニア関連の再開発など大企業奉仕の愛知県政を追及してきたと強調。県営住宅の修繕費の増額、特別支援学校の空調改善など党県議団の数々の貴重な成果を紹介し、「県民の暮らし第一の県政にしよう」と訴えました。

 「市民と野党をつなぐ会@愛知」の白井えり子さんや北名古屋市、豊明市の両市長がメッセージを寄せてくださいました。加えて小池さんは、党綱領、「未来社会」について縦横に語り、「国民、野党の共同を何よりも大切にし、異常な対米従属・財界中心の政治を打破する綱領をもち、どんな問題も解決の道筋を示すこの党をどうか大きくしてください」と力を込め、会場は大きな拍手に包まれました。

画像に含まれている可能性があるもの:7人、、スマイル

 無党派の方々も来てくださり、本当にうれしかったです。 帰りの握手では、皆様の大きな笑顔、温かいお言葉に、たくさんの力をいただきました!!!

 日本共産党の仲間になってくださる方々も相次ぎ、勇気をいただきました。

 皆様、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

画像に含まれている可能性があるもの:2人、もとむら 伸子さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)、テキスト※ということで、翌日の質問も頑張れました(*^-^*)

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)