もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

津市会議員選挙で、竹下さちこ予定候補と滝まさひろ予定候補の応援に駆け付けました!!

カテゴリー:

 12月23日、津市会議員選挙(1月21日告示、1月28日投票)に挑戦する竹下さちこ予定候補と滝まさひろ予定候補の応援に行って来ました!!!

 まず、竹下さちこ予定候補の事務所びらきに駆けつけました。岡野恵美三重県議、中川民英津市議も参加されました。
会場いっぱいの人で、自治会の方、老人会の方、ご親戚も参加され、涙あり笑いありの温かな事務所びらきとなりました。
 竹下さちこさんは、小中学校の事務職員として40年働いてこられました。子どものときに竹下さんに出会ったある方は、子どもたちのことを第一に考える姿を見て、学校事務職員になられました。そういう方もいるほどです。
 竹下さんは、学校や住民の皆さんの要望がなかなか市政に届かないことを痛感されてきました。年を追うごとに子どもたちや保護者の暮らしが大変になっていることも感じてきたそうです。ある中学校に勤めていた時、給食がないなかで、お弁当をもってこられなかった子どもたちが、そっと教室から出ていく姿もみてきました。

 お金の心配なしにだれもが安心して暮らせるように、そして、憲法守って子や孫に平和な未来を残したいと立候補の決意をされました。
参議院三重選挙区予定候補として挑戦する中川民英津市議から必ずバトンタッチをと頑張っています!!!

その後、津駅に向かい、滝まさひろ予定候補とともに街頭演説を行いました。
岡野恵美三重県議、豊田光治津市議ともご一緒でした。
 滝まさひろ予定候補は、名古屋大学生協などで勤務され、その後、三重短大を卒業し、派遣社員として工場で勤めました。
 その時に、同僚が機械にはさまれてケガをしたのに、労災でなく自分の車のドアで挟んだことにしてくれと言われる労災かくしや、2008年のリーマンショックによる派遣ぎりを経験し、声をあげることができない人に光をあて、「8時間働けば普通に暮らせる社会へ」変えていきたい、誰もが働きやすい、生きやすい社会にしていきたいと決意されています。
 また、学生時代に、戦前の空襲を後世に語り継ぐ活動に関わり、戦争体験を聞くなかで、平和は、それを壊すものとたたかうことなしに、守ることはできないとの思いを強くされました。 いま、安倍政権が憲法9条を改悪しようとしているときに、日本共産党の議席を絶対に減らすわけにはいかないと立候補の決意をされました!!!  

手をふって、拍手をして応援してくださる方々に元気をいただきました。津市の皆様、本当にありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1月8日(月)13時~、
テレビなどでおなじみ、小池晃書記局長が津駅東口に駆けつけます!!!
長谷川ゆきこ津市議、藤本ともこ津市議、滝まさひろ津市議選予定候補、竹下さちこ津市議選予定候補の4人も勢揃いして訴えます。

 憲法9条を守り抜いた年とするためにも、
新年一番最初の大演説会を盛り上げていきましょう!!!!!
ぜひお出掛けくださいm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)