もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

「安倍9条改憲NO!11・3国会大包囲」に参加!!!!!

カテゴリー:

 

 

 

「安倍9条改憲NO!11・3国会大包囲」に参加しました!!!!!!

人・人・人で、ぎゅうぎゅうのなか、4万人が集まったそうです。歩道には入りきれず、憲政記念館の庭の方にも多くの皆さんがいらっしゃったようです。

韓国の政権を倒した「キャンドル革命」の先頭にたってこられた方のスピーチが、ずっしりと胸に響きました。

危機をあおり、ヘイトスピーチで差別し、憲法を壊そうというプロセスが恐ろしいと何度もおっしゃっていました。

また、憲法9条は、けっして日本だけのものではなく、北東アジア、世界の宝だと強調されました。

憲法9条は、アジアで2000万人の命が奪われ、日本で310万人の命が奪われ、二度と過ちを繰り返さないためにつくられました。

その重みを体のなかにたたきこんで、引き続き、力を尽くしたいと強く思いました。

各党からスピーチ!!!!!
日本共産党からは、志位和夫委員長が連帯のスピーチ。
立憲民主党の枝野幸男代表、
参議院の民進党の江崎孝参議院議員、
社会民主党の福島瑞穂副党首もスピーチしました。

各界からのスピーチもありました。

安倍政権は、来年1月からはじまる通常国会に壊憲案を出し、秋には国民投票をねらっています。

憲法の危機、多くの人々に今、伝えていかなければなりません。

国会内外で、力を合わせ、安倍壊憲の国会発議を必ず阻止しようと皆さんの熱気があふれる、力がわく国会大包囲行動でした!!!!!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)