もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

やりたいことがありすぎて困ります(笑)

カテゴリー:

1月13日の午前中も、11日、12日に続き、国土交通省から来年度予算案についての聞き取り。
道路局、航空局、鉄道局でした。

人口減少のもとで新規事業を抑制して、維持管理、更新、老朽化対策などにシフトしなければならないのに・・・

あいかわらず不要不急の開発事業は「聖域」。

 国土交通省が所管する道路やダムなど10分野の維持管理・更新費は、2013年度の推計で年間3.6兆円かかっていますが、20年後には最大、年間5.5兆円(1.5倍)になる見通しです。今後50年間に必要となる維持管理・更新費は、優に200兆円を超える規模になります。この試算には、鉄道施設や高速道路など民間企業が管理する施設は含まれていません。国土交通省所管以外の水道施設は今後40年間におよそ39兆円、公立小中学校は、今後30年間に約30兆円~38兆円の更新費がかかると試算されています。

 こうした維持・更新費用を低減する長寿命化対策など急ぐ必要がありますが、それでも膨大な額にのぼることは避けられません。

将来のことを考えず、新規の大型開発にまい進する安倍自公政権の政治を一刻も早く変えなければ、借金づけで、維持管理、更新費用は膨大にかかってしまう将来世代が本当にかわいそうです。

午後からは、党本部へ行き、全国各地から仲間が集まって第8回中央委員会総会です。
大会の報告案、頭がすっきりする内容です!!!!!

 その後、また国会事務所にもどり、通常国会にむけた質問準備。

やりたいことがありすぎて困ります(笑)

写真は、国会事務所の入口で迎えて癒してくれるお花です(*^^*)

15940563_922933484509702_7895193245259044043_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)