もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

トンネルじん肺救済法案(仮称)の早期実現をめざす院内集会に参加し、連帯のあいさつをしました。

カテゴリー:

 11月22日、トンネルじん肺救済法案(仮称)の早期実現をめざす院内集会に参加し、連帯のあいさつをしました。

 主催は、全国トンネルじん肺根絶訴訟原告団・家族会・弁護団の皆さんです。

 各党から参加がありましたが、日本共産党からは穀田恵二国対委員長、梅村さえこ衆議院議員、清水忠史衆議院議員、高橋千鶴子衆議院議員、田村貴昭衆議院議員、畑野君枝衆議院議員、真島省三衆議院議員、紙智子参議院議員、武田良介参議院議員、山添拓参議院議員、もとむらが参加しました。

 トンネルじん肺根絶を求める賛同署名に応えた国会議員は、

 衆議院議員475人中358人(75.4%)
 参議院議員242人中173人(71.5%)

 それなのになぜこの法案が成立しないのか!!!

 トンネルをつくるときに雇われ、終わったら解雇され、またトンネルをつくるときに雇われ、終わったら解雇される・・・こうした雇用形態のなかで働いているトンネル建設労働者。
 こうした労働者がいてこそ、ゼネコンもトンネルをつくることができるのです。

トンネルじん肺をなくしていくために、

◆じん肺の予防
 トンネル建設労働者の全期間の就労状況(労働期間)、健康管理(健康診断)及び安全教育(粉じん対策教育等)を業界全体で管理するしくみを確立し、じん肺の予防を徹底する。

◆じん肺被害の救済
 不幸にしてじん肺を発症したトンネル建設労働者にたいして、トンネル工事を受注した元請ゼネコンが資金を拠出して基金(じん肺基金)を創設し、裁判を経ることなく簡易・迅速に補償金を支払い救済する制度を徹底する。

 を法律の内容に盛り込むことを求めておられます。

 一刻も早く成立させるために私も全力で頑張ります!!!!!

15179125_887890078014043_3695618825488672543_n 15095631_887890104680707_1511542858911836010_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)