もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

新潟県阿賀野市に行き、定数20議席で現有4議席を必ず勝ち取ろうと熱烈応援に行きました!!!

カテゴリー:

10月13日、新潟県阿賀野市に行き、定数20議席で山田さなえ候補、いなげ明候補、くらしま良司候補、みやわき雅夫候補の現有4議席を必ず勝ち取ろうと熱烈応援に行きました!!!

もちろん新潟県知事選挙で、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働について「同意しない」と明言する米山隆一候補も強力に応援しました。

山田さなえ候補の宣伝カーから、山田さなえ候補はじめ日本共産党4議席の実績と政策を訴えました。

日本共産党の阿賀野市民の皆さんへのアンケートでは、「苦しい」「やや苦しい」が73%(アベノミクス失敗)、原発再稼働に反対が76・5%にのぼっています。

これまでも実績として、子どもの医療費助成制度を高校卒業までにし、就学援助も生活保護基準の1・3倍に改善・充実し、保育料も第2子半額、第3子以降無料にし、特養ホーム増床、消雪パイプ敷設事業の再開、県下一の住宅リフォーム助成制度などなど実現させてきました。

今度は、阿賀野市が財政調整基金や合併振興基金でため込んでいる45億円で、1世帯1万円の国保税の引き下げ(財源約6000万円)、給食費無償をめざし、まずは半額に(財源約1億円)、就学援助を生活保護基準の1・5倍に(財源100万円)、給付制奨学金をつくるなど実現するために押し上げてほしいと訴えました。

安倍政権の平和憲法を壊す動き、南スーダンPKO駆けつけ警護などの新たな任務の付与はじめ安保法制の具体化、原発再稼働・推進、新潟の米農家に打撃を与えるTPP推進、介護、医療、年金など社会保障の改悪など暴走を許さないためにも日本共産党の山田さなえ候補はじめ4議席を勝ち抜かせてほしいと訴えました。

スーパー前では、大きく手をふって応援してくださる方など元気をいただきました。

今度の日曜日が投票日です。

阿賀野市議選では、山田さなえ候補、いなげ明候補、くらしま良司候補、みやわき雅夫候補を最後の最後まで押し上げ、拡げて勝たせてくださいm(__)m

新潟県知事選挙で、市民+野党の米山隆一候補を勝たせてくださいm(__)m

全国の皆様の熱い応援を何卒よろしくお願いいたしますm(__)m

14718868_861505813985803_6968514085964113725_n 14581561_861505837319134_3477149683327982040_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)