もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県難病団体連合会の第44回定期大会に参加し、各党ともに紹介をうけました。

カテゴリー:

10月10日、NPO法人愛知県難病団体連合会の第44回定期大会に、わしの恵子愛知県議、岡田ゆき子名古屋市議、斉藤愛子名古屋市議とともに参加し、各党ともに紹介をうけました。

理事長の「これ以上、福祉や医療の後退がないように力を合わせましょう!」とのご挨拶、本当にその通りだと思いました 。

鈴鹿大学短期大学部教授の鵜飼久美子先生の音楽療法デモンストレーションでは、参加者みんなが参加、名古屋大学で行っている90分の音楽療法のいったんを体験させてもらい貴重でした。

京都大学iPS細胞研究所臨床応用研究部門教授の高橋淳先生の「iPS細胞を用いたパーキンソン病治療に向けて」という特別講演は、難しいことを分かりやすくお話してくださり、ものすごく興味深かったです。次の日程の関係で途中退席しなければならなかったのですが、もう一度お聞きしたい内容でした。

皆様、本当にありがとうございましたm(__)m国政に届けるために頑張ります!!!

14519905_859715500831501_4030143049787807227_n 14516527_859715540831497_8763565795586334579_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)