もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

いよいよ岡崎市議選がスタートしました!!!

カテゴリー:

10月9日、いよいよ岡崎市議選がスタートしました!!!
 多数激戦のなか、きまた昭子候補鈴木まさ子候補新免はるか候補が、元気に第一声の訴えを行いました!!!!!
 私も3候補の出発式に伺い、必ず2議席から3議席へと躍進を勝ちとらせてほしいと熱烈応援しました。
八田ひろ子元参議院議員も元気に大活躍!まわりのみんなを元気にする八田さんはやっぱりすごい
各地からの応援団も力強い!みんなの勝ちたいという願いであふれていました!!!

  市議選では、安倍自公政権の戦争する国づくりや原発推進、民意を踏みにじる沖縄基地問題、社会保障切り捨てなど暴走政治に審判を下し、安倍政権追随、大型開発に偏った市政から住民の皆さんの暮らし、福祉優先の市政にするかが問われています。

 岡崎市政は自民、民進、公明などの「オール与党」体制で豪華な市役所東庁舎建設など大型公共事業を推進。不要・不急の巨大公共事業(乙川リバーフロント事業=100億円)をやろうとしています。

一方で特養ホーム待機者は県内2番目に多く、保育園に入れなかった子どもさんは今年度76人(第5希望もかなわない)、国民健康保険料値上げなど市民の暮らし・福祉を切り捨てています。

 「オール与党」議会は、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、年金削減中止、消費税10%増税中止の各意見書を日本共産党以外の反対で否決。国にモノが言えない市政になっています。

 党市議団が実施した市民アンケートには400通を超える回答がありました。「保育園、第5希望まで出したが落ちた」、「72歳で借家に一人暮らし。3年前から国保料が2倍以上になった」、「サービス付き高齢者住宅は月20万円以上かかる。年金で入れる特養ホームがほしい」など市民の願いがビッシリ書き込まれています。
 党市議団は住民の皆さんと力をあわせ、中学校卒業までの医療費無料化、今年4月分の給食費無償化、介護実態調査を市に実施させることや全小学校児童に防犯ブザー配布、妊婦健診無料を14回に拡大、住宅耐震補助の拡大などを実現。

公約として▽特養ホーム増設で待機者ゼロ▽認可保育園の新増設▽普通教室にエアコン設置▽学校給食の無料化▽コミュニティバスの路線充実▽市独自の返済不要の奨学金復活・拡充などの実現を掲げています。

2議席から3議席へと増やして、希望をつくっていきましょう!!!!!

岡崎市にお知り合いのいる皆様、きまた昭子候補、鈴木まさ子候補、新免はるか候補へのご支持の輪を拡げていただきますようにどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

14639596_858990440904007_1796624139580346970_n 14650662_858990487570669_6653873450807047172_n 14657314_858990514237333_4801858660023060524_n 14543873_858990584237326_2071246810479597039_o 14572217_858990624237322_3706954907635002947_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)