もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

「中国人強制連行・三菱マテリアル訴訟和解報告集会」に参加しました。

カテゴリー:

10月6日、「中国人強制連行・三菱マテリアル訴訟和解報告集会」に清水ただし衆議院議員と参加しました。

民進、社民の代表議員も参加しました。

 アジア太平洋戦争時、三菱マテリアル(元 三菱鉱業)は中国の人々を強制連行し、炭鉱で強制労働させました。

日本政府は、日中共同声明で個人の請求権は放棄したといい続け、日本の最高裁判所も損害賠償を認めないなかで、それを乗り越えて、下請けの労働者も含め謝罪、謝罪の証の支払い、記念碑建立、基金を勝ち取りました!!!

 愛知でも中国や朝鮮半島の方々を強制労働させた事実がありますが、まだ謝罪も賠償などもありません。

戦後71年たっても、被害者が声をあげ続けなければならない実態を変えていきたいです。

加害の歴史に向き合い、責任を取らせ、二度と繰り返さないために奮闘する皆様に心からの敬意を申し上げます。

14522724_857123217757396_2720642869050303935_n 14590325_857123251090726_5597525766229617584_n

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)