もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

すごい勢いで整備した静岡県吉田町の津波避難タワー15基

カテゴリー:

◆すごい勢いで整備した静岡県吉田町の津波避難タワー15基◆

 本日、全国町村会『町村の施策事例集Ⅴ(完全保存版)』が届きました。
 そこに静岡県吉田町の津波避難タワーのことが載っていました。
 人口約3万人の自治体ですが、災害から命を守る気概がすばらしいと感じましたので、ご紹介したいと思います。

 2011年3月11日の東日本大震災を受けて、8か月後には1000年に一度の大津波を想定したハザードマップを作成したそうです。
 吉田町を襲う津波高は最大で8.6mと想定され、町民の皆さんの55%にあたる17000人が津波被害にあうという危機的な結果が示されたそうです。
 吉田町はこの1000年に1度の大津波対策を町の最重要課題と位置づけ、津波避難施設の建設はじめ、津波避難路の整備、防災ラジオの全戸配布など、町全体で「津波防災まちづくり」に取り組むことを決意。
 
当初4年間で15基の津波避難タワーを建設する計画でしたが、2年目標に短縮。
 用地確保が困難という問題がありましたが、東日本大震災の被災地を訪れた際に、横断歩道橋が流されずに存在していたことに気付いたそうです。
 そこで道路上につくろうと検討委員会を設立し、横断歩道橋との兼用工作物として作ることになり、2012年12月にまず3基の津波避難タワー建設に着手し、2014年3月には、当初の予定通り15基全ての津波避難タワーを完成することができたそうです。

 吉田町では、これで終わりではないと津波防災対策を続けています。

※車いすの方などの対応は別途必要です。

14289990_842925152510536_3717814387820233694_o 14322578_842925412510510_8410369269555446302_n 14311294_842925449177173_1349834832378198571_o 14352577_842925485843836_6652160746145374195_o

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)