もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.08.03】8月1日~3日、岐阜県へ島津ゆきひろ衆院議員や武田良介参院比例予定候補、高木光弘参院岐阜選挙区予定候補、辰巳コータロー参院議員秘書や事務所の皆さんとともにリニア調査に行ってきました!!

カテゴリー:

 
8月1日~3日、岐阜県へ島津ゆきひろ衆院議員や武田良介参院比例予定候補、高木光弘参院岐阜選挙区予定候補、辰巳コータロー参院議員秘書や事務所の皆さんとともにリニア調査に行ってきました!!

 多治見市では、39・9度という全国一の暑さのなか、リニアルート、非常口、変電所ができる地域をまわるという体験ができました。39・9度でしたが、そんなに暑い気はしませんでした。夏の選挙の宣伝カーでは40度を越えることもあるので、耐性ができていたかもしれません。

写真は、3日目の岐阜県、中津川市からの聞き取り、意見交換の様子と美乃坂本付近のリニア岐阜県駅・車両基地の概略図、2日目にまわった濃飛横断自動車道計画で壊されようとしている緑の田んぼの写真です。

◆1日目
➡可児市—-伊藤けんじ可児市議、冨田牧子可児市議と
(美濃焼発祥の伝統ある地のど真ん中をリニアが地上部に通過する計画で現地をみて地元の皆様からお声を伺う)

➡多治見市—-三輪寿子多治見市市議と
(地下をリニアが通過する計画、非常口や変電所がつくられる計画で現場をみて、地元の皆様との懇談会)

➡瑞浪市—-舘林辰郎瑞浪市議と
(ウラン鉱床もあり放射能の心配もある。地下をリニアが通過し、非常口をつくる計画。地元の皆様と懇談会)

➡恵那市—-水野のりみち恵那市議と
(地上と地下にリニアが通過する計画。防音壁を設置しても基準値を越える騒音がアセスで予測されている。今年5月に急にリニア専用大規模変電所がつくられる計画浮上。電磁波の心配など住民の皆様との懇談会)

◆2日目
➡恵那市—-水野のりみち恵那市議と
(東京ドーム2個分の変電所計画、高さ60メートルの鉄塔が何十本と立ち、送電線の電磁波問題でまちかど懇談会。地下入口付近の地域では地上にトンネルの最上部が出ることで町や道路が分断される問題、補償問題で懇談会)

➡中津川市—-木下律子中津川市議と
(小学校、中学校、幼稚園、児童養護施設の近く、美乃坂本駅付近にリニア岐阜県駅がつくられる計画、沿線唯一の車両工場含む車両基地計画、リニア駅のアクセス道路として濃飛横断自動車道路計画があり、ハナノキ、シデコブシ、ホトケドジョウなど貴重な動植物の生息地、湧水湿地が破壊される問題、恵那市の変電所から鉄塔、送電線がつくられる計画、鉄塔の基礎工事などで温泉の源泉が枯れる危険、リニアと送電線の電磁波問題などがあり、現地調査、懇談、懇談会)

◆3日目—-中川ゆう子岐阜県議、木下律子中津川市議、水野のりみち恵那市議、遠山信子恵那市議と

➡恵那市(早朝宣伝、岐阜県庁のリニアと濃飛横断自動車道担当者からの聞き取り、意見交換)

➡中津川市(中津川市役所にてリニア問題の担当者から聞き取り、意見交換。国土交通省から出向のリニア担当職員あり)

➡東京へ。国会で質問通告レク。国会議員団総会。

なかなかハードな調査でしたが、それは地元の皆さんが多くの人の声を聞いてほしい、多くの現場をみてほしいという思いのあらわれで、本当にありがたいことでした。

どこでも住民の皆様の声を無視し、説明もないまま、どんどん事業が進められようとしていることが浮き彫りになりました。こんなやり方はゼッタイに許されません!!!

この間、リニアの国会質問は、小さいものを含め6回やっていますが、新たな発見がたくさんあり、国会で追及したいこともまた増えました。

 訪問させていただいた地元の皆様に心から感謝申し上げます<(_ _*)><(_ _*)><(_ _*)>

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)