もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.06.20】三重県伊賀市に行き、水資源機構が進めている川上ダム建設予定地に行き、NPO法人伊賀・水と緑の会の皆さんからお話を伺いました。

カテゴリー:

 
6月20日、三重県伊賀市(伊賀の忍者で有名)に行き、水資源機構が進めている川上ダム建設予定地に行き、NPO法人伊賀・水と緑の会の皆さんからお話を伺いました。
 岡野恵美三重県会議員、百上まな伊賀市議と一緒です。

 川上ダムの現地に行くと、すでにダム本体の山のてっぺんになる部分の造成が行われていたり、転流するための導水管、付け替え道路などできていました。
 しかし、まだ川を壊すような本体工事は着工されておらず、今からでも遅くない!と実感しました。

 伊賀市は利水は必要ないこと、治水も集水面積が狭く、ダムに頼ることは危険であること、堤防の切込みの改善など行わなければならないこと、国の天然記念物のオオサンショウオ(固有種)が1000匹もいるところにダムを造ろうとしていることなど教えていただきました。

 県議会、市議会と連携しながら、川上ダムを中止させるために私も頑張ります!!

 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)