もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.01.08】愛知県春日井市役所に伊藤太市長を表敬訪問し、懇談

カテゴリー:

 
1月8日、愛知県春日井市役所に伊藤太市長を表敬訪問し、懇談しました。
 懇談には、柳沢けさみ県議選予定候補、 伊藤建治春日井市議、内田謙春日井市議、内藤富江春日井市議、宮地隆春日井市議、原田ゆうじ春日井市議選予定候補も参加。

 国への要望をお伺いし、リニア問題などを議論する国土交通委員会の所属になったことを述べ、「地元のみなさまにお役に立てるように頑張りたい。ぜひ市長のご意見をお聞かせください」とお話しました。

 伊藤市長は、リニアについて賛否をいう立場にないとしながら「市民から工事中への意見が出ているので、しっかり受け止めて県、JRにしっかりものをいいたい」としました。
 私は「市民の声を反映させる担保もないまま既成事実として進められようとしている」と、JRの対応を批判しました。

 子ども医療費無料化制度など日本共産党市議団の提案もあって春日井市で進めてきたことなど評価し、国が自治体にペナルティーをかけたり、愛知県が福祉医療制度を改悪しようという動きがあることを述べると、伊藤市長は、「国も県も制度を作って3、4年たつと補助金をやめてしまう。責任持って最後までやってもらわないと市も市民も困る」と苦言を呈しました。

 最後に私は、安倍政権が集団的自衛権行使容認の閣議決定具体化の法律を制定する動きについて触れながら、「小牧基地はイラク戦争の出撃基地として使われました。さらに出撃拠点として使われる不安が住民の皆さんから出されています。そうさせないためにも役割を果たしたい」と決意を表明しました。

 お忙しい中、お時間をとっていただき、本当にありがとうございました!!

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)