もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・09・07】福祉保育労東海地方本部の皆さんの定期大会で連帯のご挨拶◆第25回港区平和美術展◆子どもたちに安全な未来を手渡す会の皆さんの大飯原発差し止め訴訟原告団長の中嶌哲演さんをむかえての学習・講演会

カテゴリー:

福祉保育労東海地方本部の皆さんの定期大会で連帯のご挨拶

 今日は、「福祉は権利」と憲法を生かし、一人一人を大切にしようと頑張ってみえる福祉保育労東海地方本部の皆さんの定期大会で連帯のご挨拶をさせていただきました。

第25回港区平和美術展

 
 その後、港区の平和美術展を観させていただました。
 高橋ゆうすけさんの写真、長友ただひろさんの木工の作品もありました!!

 はじめて、新聞紙広告で「ちぎり絵」をつくりました。一応、花束です。花束の青は、沖縄の海の写真からとりました。
 新基地建設ぜったい反対の思いをこめて。

 

 

子どもたちに安全な未来を手渡す会の皆さんの大飯原発差し止め訴訟原告団長の中嶌哲演さんをむかえての学習・講演会

 
 子どもたちに安全な未来を手渡す会の皆さんの大飯原発差し止め訴訟原告団長の中嶌哲演さんをむかえての学習・講演会「司法は生きていた! 大飯原発差し止め訴訟判決を学び、生かそう 」に参加しました。

 公判での中嶌さんはじめ8人の意見陳述の概要、画期的な判決の内容、長期にわたる小浜市民による原発・中間貯蔵施設建設阻止の運動、共同通信記者による計算で全国で80箇所、建設された20箇所の4倍の原発建設を中止をさせたこと、原発が建設されたところでも肉薄のなかで建設されてしまったことなどなどお話がありました。

 会場いっぱいの参加で資料が足りなくなったそうです。

 大飯原発運転停止の判決を必ずいかしていきたいです!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)