もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・06・28~06・29】知立市で、中島まき子市議、池田福子市議、佐藤おさむ市議、桐村かずまさんを応援

カテゴリー:

 
 

 

 

 

 6月28日、29日と知立市へ行き、28日は、中島まき子知立市議の事務所びらきで応援させていただき、池田福子さんや支部長さんと地域のご要望を聞く活動をさせていただきました。

 「あたたかい政治すみずみに」「思いやりと正義感」の中島まき子さんの実績をみれば、まさに切実な要求やつぶやきを取り上げ、前進させていることがよくわかります。

 身体に重い障がいがある子どもさんが、岡崎の本宿まで毎日学校に通わなければならない状況を改善するために、2年がかりで東小学校に特別支援学級が4月からスタートしました。
 お年寄りから「重くて大変」の声を届け、資源回収も個別に収集に改善できました。ミニバスも知立団地と知立駅をむすぶイエローコースが実現しました。

 地域の皆さんがたくさん参加されました!

 池田福子知立市議とは、若いお母さんたちから要望をお聞きしました。
 「こうやって、要望を聞きに来てくれて、本当にうれしい。自分たちが言ったって何も変わらないって思っていたけれど、違うんだってわかるし、政治も身近になります」と喜んでくださいました。
 集団的自衛権行使容認反対、9条を守り、生かす署名に協力してくださる方も何人もみえました。

 池田さんの地域の支部長さんとの行動では、平和憲法を守る日本共産党知立市議団の4つの議席を守るために力を貸していただきたいと思いを述べると、「ぜひ頑張ってほしい」とのあちこちで激励をいただき、カンパをくださる方もみえました。

 また、介護が必要なパートナーが最近、要介護3から要介護2に認定が変更となり、デイサービスが週5日から4日になってしまい、仕事をやめなければならないかと悩んでみえる方もみえました。

 政治を変えるために日本共産党の仲間になってくださる方も増えました(^o^)/

 
 6月29日は、佐藤おさむ知立市議の事務所びらき、地域訪問と きりむらかずまさんの事務所開き、宣伝、地域訪問を行いました。

 佐藤おさむさんは、豊田市議選で一緒になった私の母がファンになっています。言うだけでなく、自分で率先してさまざま行動する方です。

 息子さんたちも応援してくださり、本当に心強いです。
 地域での訪問では、「佐藤さんにはぜひ頑張ってほしい」との声や「僕は、自民党一筋だけど、共産党への見方も変わってきた。今回の安倍さんのやり方はいかんわ。佐藤さん、ぜひ頑張ってほしい」との声、安倍政権の暴走を食い止めるために力を貸してほしいと申し上げると、しんぶん赤旗を読んで下さる方も複数増えました。

 きりむらかずまさんは、名古屋市で40年以上働いてきた方で、一緒に働いてきた仲間の皆さんが、たくさん事務所びらきに来てくださり、力強い応援をしてくださいました。
 病気療養中の高橋けんじ知立市議も安心してバトンタッチできる人望のある方だと痛感しました。

 一緒に宣伝に行った先では、手をふって応援してくださる方や「きりむらさん、知っているよ。力のある人だでがんばってほしい!」との声などかかりました。

 支部の方との地域訪問では、皆さんが高橋けんじ知立市議のことを心配してくださり、安心して療養に専念していただくためにも平和憲法を守り抜く日本共産党の4議席を勝ち取りたいと思いを述べると、本当にそうだね、と共感してくださいます。

 毎議会の一般質問や議案質問に一番熱心に取り組んでいるのは、日本共産党知立市議団です。本会議(改選~2013年9月)の発言回数は、2151回とダントツ。全発言の67%と抜群の発言力で、市民の皆さんの要求実現の原動力となっています。

 生活相談もがんばり、住民の皆さんの切実な願いを届けるために頑張る4議席、勝ち取るために私も全力でがんばります!!
 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)