もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・06・06】一宮市内で、いたくら正文県議選予定候補、ひこさか和子一宮市議選予定候補とともにキャラバン宣伝/関西電力東海支社前の原発ゼロ☆アクション

カテゴリー:

一宮市内で、いたくら正文県議選予定候補、ひこさか和子一宮市議選予定候補とともにキャラバン宣伝

 
 6月6日、一宮市に行き、いたくら正文県議選予定候補、ひこさか和子一宮市議選予定候補とともにキャラバン宣伝を行いました。
 
 スーパー前宣伝では、消費税増税についてのシール投票。
 項目は、「もうムリ!ふざけるな」「8%はOK」「10%は仕方ない」というものです。

 シール投票で一番多いのは、「もうムリ!ふざけるな」。

 その次は、「8%はOK」というものですが、そう投票された方々に理由をお聞きすると、国と地方の借金(長期債務残高)が1000兆円以上(1010兆円)もあるから仕方ないとのこと。

 その方々に、❝そもそも借金をつくってきた原因は、無駄な大型開発、無駄な軍事費、ゆきすぎた大金持ち、大企業減税。これをたださなければ、国の財政がよくなるはずがないということ、安倍政権はこれをただす気もなく、無駄な大型開発を行い、いっそう大企業減税を行おうとしています。❞ということをお話し、加えて、5月の記者会見で、トヨタの社長の豊田章男さんが、史上最高の純利益をあげた感想をきかれて、「社長になってからこれまで国内で税金を払っていなかった」と述べ、5年間、法人税、払っていなかったこと、巨大な企業にはさまざまな優遇税制があることをお伝えました。

 そうすると「えー!それはやっぱりおかしいわね」という話になります。

 そして、「安倍さんは怖い。9条は守ってほしい」と言うお声もあちこちでお聞きします。

 ひこさかさんの事務所の団地で宣伝したときには、次々と手をふって応援してくれる方々、「がんばってねー」と声をかけてくださる方々、ずーっと聞いていてくださり、いたくらさん、ひこさかさんとともに駆け寄ると泣きながら激励してくださる方もいらっしゃいました。

 別のスーパー前では、工場から出てくる皆さんが次々に手をふってくださいました。

 安倍政権の暴走を何として食い止めるために一層頑張る勇気と元気をいただいた宣伝でした!!

 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

関西電力東海支社前の原発ゼロ☆アクション

 
 6月6日金曜日、関西電力東海支社前の原発ゼロアクションに参加しました。
 
 下の写真のお隣に写っているのは、元清洲町長の大長芳雄さんです。毎週毎週かかさずアクションに参加されています。私もそんな粘り強い皆さんに元気をいただきながら、参加しています。

 波乱万丈の原発ゼロ☆アクション、引き続き、元気に原発をなくすために頑張ります!!

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)