もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・05・29】愛知県経営者協会の方と派遣法改悪はじめ労働法制改悪をストップさせるため懇談

カテゴリー:

 

 5月29日、愛知県経営者協会の方と派遣法改悪はじめ労働法制改悪をストップさせるため懇談させていただきました。

 私は、以下の点を強調しました。

 「雇用のルール を弱体化させて、低賃金で不安定な働かせ方と長時間労働を広げ、働く人間を暮らしにくくすることが、日本経済と社会が成長する道なのでしょうか。国民の暮 らしを圧迫すれば市場の消費も需要も落ち込み、経済も立ち行かなくなってしまいます。働く人間を「使い捨て」にする社会は、若者から希望を奪い、貧困と格 差を広げ、日本社会から活力を奪っています。この道では、日本の産業も、企業も強くなりません。
 いま必要なことは、『使い捨て』を広げる規制緩和ではなく、人間らしく働ける労働法制の強化です。」

 「労働者派遣法の大改悪は、派遣労働者だけの問題ではありません。労働法制をどうするかは、労働組合だけの問題でもありません。若者が希望を持てない社 会、結婚もできない劣悪な労働条件の広がりに、多くの国民が心を痛めています。非正規雇用は中高年にも広がり、雇用不安、社会不安を広げています。労働法 制をどうするかは、日本経済と社会のあり方にかかわる重大な問題です。」

 対応してくださった方は、個人的には意見が一致することもかなりあると思っておりますが、経営者協会全体としての認識にしていきたいです!!

 お忙しいなか、ありがとうございました!!
 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)