もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・05・01】第85回愛知県中央メーデーに参加!「安倍『暴走政治』ストップ!憲法がいきる安心・安全な社会をつくろう!」

カテゴリー:

 
 5月1日、第85回愛知県中央メーデーに参加しました。

 名古屋栄での集会は3000人、豊橋、安城、春日井、一宮、瀬戸などの参加者を合わせると4500人のメーデーです。

 メーデーは、1886年5月1日、アメリカの労働組合が8時間労働制を要求してストライキ・デモ行進を行ったことが起源です。 
 当時は12~14時間労働が当たり前でした。
 このため、アメリカの労働者は「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、好きなことのために」というスローガンをかかげたのでした。

 このスローガンを実現すべく、派遣法の大改悪など労働法制の大改悪をゆるさず、8時間働けば、安心して暮らしていける賃金の引き上げ、安定した雇用で安定した社会を築いていくために私も全力でがんばります!!

 さらに、暮らしと日本経済をこわす消費税増税ストップ!社会保障改悪は許さない!!原発即時ゼロ、集団的自衛権の行使容認など憲法を壊すことを許さず、日本国憲法の豊かな中身を現実の政治に輝かせるために力を尽くします!!

 集会では、愛知県中央メーデー宣言が採択されました(資料参照)。

 集会のあとは、愛知県議選挙予定候補、名古屋市議、市議選予定候補の皆さんとともに「賃金あげよう!」「くらしをまもれ!」「原発いらない!」「憲法いかそう!」などなど元気にアピールし、街ゆく方が写真を撮ってくださったり、激励をしてくださいました!!

 準備をしてくださった皆様、参加をされた皆様、本当にお疲れ様でした!引き続き一緒に声をあげていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)