もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・04・22】津島市に行き、選挙真っただ中の山口よしひで市長候補、太田ゆきえ市議候補を応援/南区公害患者と家族の会の皆さんの定期総会に、高橋ゆうすけ名古屋市議予定候補とともに参加

カテゴリー:

津島市に行き、選挙真っただ中の山口よしひで市長候補、太田ゆきえ市議候補を応援

 
 4月22日、津島市に行き、選挙真っただ中の山口よしひで市長候補、太田ゆきえ市議候補を応援してきました。

 日本共産党が推薦する無所属の山口よしひで市長候補は、教師として37年間、一人一人の成長を保障するため、教育条件をよくするためにがんばってきた方で、街頭でも「せんせいー」と教え子の皆さんの応援が相次いでいます。
 他の市長候補の方々が、田んぼをうめて企業誘致をすすめることや駅前にブティックをつくる計画などを討論会で話すなかで、開発型ではなく、福祉・くらしを守る津島市をどうしてもつくりたいという思いがいっぱいの演説でした。

 太田ゆきえ市議候補は、4人の子育てとともに、教師として、学童保育の指導員としてずっと子どもたちのために頑張ってきた方です。
 太田さんにも「おおたちゃーん」と学童保育の子どもたちからの声援が相次いでいます。
 街をまわっていると、年金引下げ、消費税増税、医療費の窓口負担増、後期高齢者医療制度保険料値上げなどでお年寄りから「年寄りは早く死ねということか」という言葉があちこちで出されている状況を語り、一人ひとりが大切にされる市政に全力をあげると訴えました。

 伊藤恵子津島市議、杉山良介津島市議も全面応援!!
 先日当選した まの和久愛西市議、河合かっぺい愛西市議も応援にかけつけていました!!

 安倍自公政権の暴風が吹き荒れるなか、山口よしひで市長候補、太田ゆきえ市議候補、心優しく、命を大事にすることにかけては強靭な心をもつお二人が、市長と市議になれば、どんなに津島市がよくなることかと想像すると楽しくなります。

 ぜひとも当選してほしいです。

 山口よしひで市長候補、太田ゆきえ市議候補へのご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

南区公害患者と家族の会の皆さんの定期総会に、高橋ゆうすけ名古屋市議予定候補とともに参加

 
 4月22日、南区公害患者と家族の会の皆さんの定期総会に、高橋ゆうすけ名古屋市議予定候補とともに参加し、連帯のご挨拶をさせていただきました。

 私が生まれる前から公害をなくすため、公害によるぜんそくなどの被害者の皆さんの命を守るため、住民の皆さんの命と健康を守るために頑張っている皆様に心からの敬意と感謝を申し上げました。

 田部井(ためがい)康壽会長がご挨拶をされ、みなと公害患者と家族の会から古川巌会長も連帯のご挨拶されました。

 名古屋市内でも、子どもたちのぜんそくの問題は解決していません。総量規制や測定強化、新しい被害者救済制度をつくることなど南区公害患者と家族の会の皆さんが頑張っている運動が実現するように私も頑張っていきたいと思います。

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)