もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【14・03・02】「3・11さよなら原発in愛知 明日につなげる大集会」/「名古屋民主文学」100号出版記念の集会/名古屋南部青年支部の皆さん主催「第5回なかまカフェ」

カテゴリー:

「3・11さよなら原発in愛知 明日につなげる大集会」

 
 東日本大震災・福島第1原発事故の発生から間もなく3年となる3月2日、名古屋市内で「3・11さよなら原発in愛知 明日につなげる大集会」(同実行委員会主催)が開かれ、参加しました。

 雨なども心配され、準備をされてきた皆さんのご苦労は、本当に大変だったと思います。

 メーンステージには首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんも参加。地元や福島のゲストらを交えたトークで、どう若者たちを巻き込みながら反原連を立ち上げていったのか、その経緯を語りました。福島からのメッセージも紹介され、地元の音楽ユニットのウクレレ演奏や脱原発の思いをこめた歌、脱原発音頭などもありました。

 パレード出発を前に、ミサオさんが「廃炉に賛成!」「みんなで歩いて未来をつくろう」とコール。
 私も皆さんと一緒に「原発いらない」「再稼働反対」「福島を忘れない」「一緒に歩こう」と元気にアピールしました。

 参加した女性(42)は「国は原発が大好き、米国のご機嫌取りばかり。なんであの人が勝手に国の顔になっているのか腹が立ちます。事故から3年たつけど風化させないように、機会があるたびにこれからも参加したい」と話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「名古屋民主文学」100号出版記念の集会

 
 「3・11さよなら原発in愛知 明日につなげる大集会」&パレードのあと、すぐに「名古屋民主文学」100号出版記念の集会に参加をさせていただき、いつも父が大変お世話になっている皆様にお礼とお祝いの言葉を述べさせていただきました。

 表現の自由を保障している日本国憲法を守り、生かす決意も述べさせていただきました!
 
 温かい皆さんのお言葉に私が励まされました。

 本当におめでとうございます!
 そして、本当にありがとうございます!!

名古屋南部青年支部の皆さん主催「第5回なかまカフェ」

 
 名古屋南部青年支部の皆さんが主催した「第5回なかまカフェ」に参加しました!

 今回のテーマは「原発問題」。

 西山巌さんが、原発の仕組みなどについてお話し、その後、食事をしながら交流。

 私からは、福島第一原発事故の賠償問題について、お話しました。

 危険性を指摘されながら対策をとらず、原発を推進してきた東京電力経営陣、大株主、メガバンクなど原発利益共同体が免罪されている今の賠償のあり方の問題点や線引きされて県内がばらばらにされている福島県内の状況などをお話しながら、原発推進のエネルギー政策を変えていくために力を合わせましょうと訴えました。
 
 南区の高橋ゆうすけさんからは、2月11日に行った福島トーク集会を受けて、写真データを使いながら脱原発の国民運動を中心のお話がありました。

 瑞穂区の かのう拓人さんからは、今年の3・1ビキニデーに参加しての感想、そしてそこからつながる原発の問題についてのお話がありました。

 あっという間の3時間で楽しく交流できました。

 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)