もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・12・18】「秘密保護法を廃止にしよう!」と池下駅前で署名宣伝/中日新聞夕刊に「大村知事 設楽ダム容認」の記事――設楽ダム建設中止の運動をいっきに広げなければ!!/演劇「ブルーストッキングの女たち」をみました!

カテゴリー:

「秘密保護法を廃止にしよう!」と池下駅前で署名宣伝

 
 12月18日、「秘密保護法を廃止にしよう!」と池下駅前で署名宣伝をおこないました!

 雨の中でしたが、署名に応じてくださる方、「寒いのにお疲れ様です。がんばってね!」という声や「私が秘密保護法を知ったのはパブリックコメントの1日前、パブコメの期間が短いし、8割が反対していたのに、本当におかしい!」「日本はよその国を悪く言えない。本当にはずかしい」などなどとりわけ女性の皆さんから怒りの声がきかれました。
 女性が動くとき、社会は変わる!
 写真は女性だけですが、宣伝カーの運転は事務所の男性Aさんでした。
 老若男女力をあわせて、秘密法を廃止にするためにがんばります!

 

中日新聞夕刊に「大村知事 設楽ダム容認」の記事――設楽ダム建設中止の運動をいっきに広げなければ!!

 
 今日の中日新聞の夕刊の一面に「大村知事 設楽ダム容認」の記事。

 安倍自公政権は無駄な大型開発推進の立場。

 設楽ダム建設中止の運動をいっきに広げなければなりません。

 ストップ!設楽ダムの運動に、皆様、ご協力お願いいたします!!

 今年の夏は近年まれにみる異常な渇水でした。

 しかし、乗り切ることができたのです。この事実と、もっと節水や相互融通など工夫できることをとことんやるということが必要で、今はそこが全く不十分です。

 人間の欲望にはきりがありませんが、欲深くならずに分相応のところで満足することが必要なのだと思っています。

 

演劇「ブルーストッキングの女たち」をみました!

 文化庁と日本劇団協議会が主催している「ブルーストッキングの女たち」という演劇を12月18日みました!
 「元始、女性は実に太陽であつた。真正の人であつた。今、女性は月である。他に依つて生き、他の光によつて輝く、病人のやうな蒼白い顔の月である。」と「青鞜」の発刊に際して書いた平塚らいてう、伊藤野枝、大杉栄が生きた時代を描いた作品です。
 大杉栄の生き方は理解できないことも多いのですが、この時代を知りたいと思っていただけに、大変興味深く観ることができました。
 俳優の皆さん方は、さすがにうまいですね! 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)