もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・11・19】秘密保護法案は廃案に!署名宣伝@千種駅前/カジノ解禁法案は許さない!

カテゴリー:

秘密保護法案は廃案に!署名宣伝@千種駅前

 
 11月19日、千種駅前で「秘密保護法案は廃案に!」と署名宣伝を行いました。
 今回は、秘密保護法案についてわかりやすいマンガ入りのニュースをお配りました。
 チラシの受け取りもよく、署名をしてくださる方も相次ぎました。
 「ニュースがほしい。友達もいるから何枚か」と言う方や、若い方が「学校では話さないけど家族で話しています」とたくさん署名してくださいました。
 皆様にご協力いただいた署名は11月27日に国会に持っていきます。
 ご協力、本当にありがとうございました!!

 

カジノ解禁法案は許さない!

 
 カジノの合法化をねらう勢力が、今の臨時国会にカジノ解禁法案を提出し、来年の通常国会での成立をたくらんでいるそうです。
 
 解禁された韓国では、「カジノ周辺でマフィアや売(買)春行為、ヤミ金融がはびこり、多重債務者の増加が報告されている」と大門みきし参院議員がカジノ解禁反対の論戦を行っています。
 愛知県も無縁ではありません。カジノ議連に入っている国会議員もいますし、中部国際空港の対岸の前島でのカジノ構想がありました。
 
 不幸な方々を増やしていくカジノ構想を許してはなりません!!
 「愛知民報」の記事をぜひお読みください。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)