もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【13・05・26】尾北民商さんの総会で連帯のご挨拶→一宮市・萩原支部「つどい」→一宮市・大和西支部「つどい」→名南会総会で連帯のご挨拶→名東区後援会総会→あま市党と後援会決起集会

カテゴリー:

 
 5月26日、大口町→一宮市→熱田区→名東区→あま市と駆け抜けました!!皆さん、本当にありがとうございました!!

 尾北民商さんの総会には、岡さとる犬山市議、東よしき江南市議、掛布まち子江南市議、森ケイ子江南市議、桝谷のり子岩倉市議、江幡満世志大口町議、吉田正大口町議、木義道扶桑町議も参加。岡犬山市議が、代表して挨拶されました。

 急いで一宮市にむかい、まずは萩原支部の「つどい」に参加。尾関むねお一宮市議もお話されました。写真は、私のニュースの父の言葉を読み上げて紹介してくださっている尾関議員の姿です。父の言葉を真摯に受け止めてくださいました。本当にありがたいです。

 一宮市では、大和西支部の「つどい」にも参加しました。いたくら正文さんもさまざまな問題をわかりやすくお話されていました。
 「大学の学費が高い。なんとか下げてほしい」の声や「日本共産党は、どのように体罰をなくしていくのですか」、「生活保護法が改悪されるそうだが、どういうこと?」、「3年前の選挙に比べて情勢はどう?」などの質問も出されました。
 
 ある方は、お手紙とカンパをくださいました。
 「参議院選挙もいよいよとなりました。職場の仲間と友人にはほとんど声をかけいい返事をもらっています。ぜひとも当選してほしいと思っています。私の夢はもとむらさんを『もとむら参議院議員』と呼ぶことです。愛知だけでなく国民のための国会議員として活躍してほしいと思います。どうか私の夢を実現してくださいネ!私も生活保護から自立して、この1年間仕事を続けられたのも、この夢があったからです。貧しい者たちの声をぜひとも国会へ届けてください。私ももとむらさんに勇気をもらい頑張りました。わずかですが、衣装代に使ってください。これはもとむらさんへのカンパです。それでは張り切っていきましょう。私も一票でも増えるように頑張ります。」と手紙に綴られていました。
 一生懸命働いたお金をカンパしてくださったのです。
 女性の方からは、手作りのポーチもいただきました。
 こうした皆様の温かい思いを胸に一層がんばってまいります。

 命の最後のとりでである無料低額診療事業を行う名南会の総会では、山口きよあき名古屋市議、高橋ゆうすけさんも参加されていました。

 急いで名東区に移動し、名東区後援会総会に参加しました。会場にはいると、ちょうど、次の名古屋市会議員選挙で立候補を決意された青木篤司さんが初心をお話されていました。緊張した面持ちの中にもかわいらしい笑顔で訴え、皆さんが喜ばれていました!!2年後の名古屋市議選も絶対にがんばりたいですね!!
 15分ほどで移動しなければならず、残念でしたが、名東区の皆さん、本当にありがとうございました!!

 あま市に移動し、党と後援会の決起集会で訴えました。
 加藤哲生あま市議、野中幸夫あま市議、丹波まり元甚目寺町議も参加されました。私が参加する前に若い方々の訴えもあったそうです。聞きたかった!!
 会場で以前より生活が苦しくなった人に手をあげてもらったのですが、約100%でした。
 あとで皆さんから寄せていただいたご要望をみますと、年金が少なくて生活が苦しくなっている、年金を上げてほしい、消費税増税はやめてほしいなどの声が多くありました。なんとしても皆さんのくらしを守っていかなければの思いを強くしました!!
 丹波まり元甚目寺町議から、参加者の方が入党してくださったよ!とのうれしいメッセージが届きました!!とってもうれしいです!!

 どこでも素敵な先輩方がいて、とても幸せです。
 皆さん、本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)