もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【12・09・14】尾北医師会長と懇談~消費税増税は医療機関に大打撃

カテゴリー:

 
 9月14日、河江明美衆院比例予定候補、いたくら正文衆院愛知10区予定候補、吉田正大口町議と一緒に大口町にある尾北医師会館を訪問させていただき、渡部敬俊尾北医師会長、藤掛真市事務長と消費税増税や原発問題で懇談させていただきました。

 尾北医師会は、犬山市、江南市、大口町、扶桑町の医療を担い、直営の看護専門学校や地域産業保健センター、地域ケア協力センターを通じて、地域医療の充実をすすめています。

 渡部会長は、「医療品の仕入れにかかる消費税は、現行制度では医療機関が負担しており、経営圧迫の要因になっています。消費税の増税はやめてほしい。医療への消費税非課税制度を、ゼロ税率に改めるようお願いしています」と語ってくださいました。また、看護師不足があるなかで、看護専門学校への公的補助の拡大のご要望もお伺いしました。

 経済的理由による診療抑制について、「昔は2週間に1回受診にくる人が一般的でしたが、最近は2、3か月に1回しか来ない人が増えています。病状が急に悪くなって受診するケースもあります。少なくとも月に1回は診ておきたい」と語られました。

 私は、消費税増税が地域医療を支える医療機関に大打撃を与える問題を佐々木憲昭衆院議員が国会論戦で追及したことや過去の例からも消費税増税によって、経済が悪化し、結局、税収が減り、財政再建の道も社会保障の財源を確保する道も閉ざされてしまう問題など申し上げ、消費税増税に頼らない別の道「提言」についてお話させていただきました。
 また、消費税増税の実施までには、あと1年7カ月あり、その前に確実に行われる衆院選挙、参院選挙で、消費税増税法案や社会保障解体法案を通した国会議員に厳しい審判を下すために頑張る決意を申し上げました。 

 原発問題について岐阜県のシュミレーションで、敦賀原発で事故があったら尾北地域は、20ミリシーベルト以上の場所ができてしまうという資料をお渡しすると、個人的な見解としながらも、地震大国に原発をつくったこと事態が問題であったことなど語られました。
 また、ヨウ素剤の配備も必要との認識で一致しました(岩倉市は、子どもたちの分は確保されています)。
 住民の皆さんの命を守るためにも原発をなくすために力を合わせましょうと意見交換しました。

 お忙しいところ、本当にありがとうございました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)