もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・06・15】最低賃金の引き上げを求める750分ハンガーストライキを激励/関西電力東海支社前で大飯原発の再稼動反対アピール

カテゴリー:

 
 名古屋市中区の栄広場で、愛労連の皆さんが朝7:00から、最低賃金の引き上げを求める750分のハンガーストライキを行っています。

 八田ひろ子元参院議員と一緒に激励に伺いました。

 愛知の法定の最低賃金は、時給750円です。時給750円では、年間1800時間働いても、年収135万円にしかなりません。

 これでは、生きていけません。

 中小企業の場合は、国も支援しながら、誰でも時給1000円以上を求めています。

 私は、子どもの貧困の問題(行方不明の小中学生全国で1191人)を考えても、不安定で低賃金な雇用を規制し、人間らしく働くルールをつくることがどうしても今、必要とお話させていただきました。

 皆さんと一緒にがんばります!!

 

 

 

関西電力東海支社前で大飯原発の再稼動反対アピール

 
 本日18:00~20:00まで関西電力東海支社前で大飯原発の再稼動反対アピールに参加しました。
 八田ひろ子元参院議員、名古屋市議団柘植事務局長も参加。

 「がんばってね」と声をかけてくださる方もみえました。

 いろんな違いを超えて、大飯原発再稼動ストップ!原発をなくそう!と一致した皆さんが参加されています。

 どんどん若い人などが入ってきて、リズムにのって一つの音楽のようでした。

 「再稼動はんたい」、「原発いらない」、「未来をまもれ」、「子どもをまもれ」などアピール。
 
 毎週金曜日18:00~20:00 関西電力東海支社前でやっています。
 皆様もぜひご参加を!!! 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)