もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【12・01・22】民青同盟愛知県委員会の代表者会議でごあいさつ/昭和区「新春のつどい」/新日本婦人の会愛知県本部の「新春のつどい」/豊川市「新春のつどい」

カテゴリー:

民青同盟愛知県委員会の代表者会議でごあいさつ

1月22日、愛知県内の若い皆さんが集まった民青同盟愛知県委員会の代表者会議でごあいさつをさせていただきました。
 民青の皆さんが、居場所をつくったり、フィールドワークも含め学習をしたり、震災ボランティアにいったり、真剣に世の中を変えるためにがんばっている姿は、大変心強いです。
 冒頭のご挨拶だけで皆さんの活動の様子や日ごろ思っていることなどお話が聞くことができず、残念でしたが、今後またお話を伺える機会があるといいなと思いました。
 民青の皆さん、どうもありがとうございました。

昭和区「新春のつどい」

 移動して、昭和区後援会の皆さんの「新春のつどい」に参加をさせていただきました。

 若い方々の司会、力強い太鼓と「消費税増税」、「もうけの対象にする子ども子育て新システム」など書かれた板を空手の先生がヤーっと打ち割る演出、後援会長の原山剛三弁護士の説得力あるお話で元気にスタート。石川ひさし昭和天白緑地区委員長も参加し、私もごあいさつをさせていただきました。
 後援会ニュースに載せていただけるということで役員の方からインタビューも受けました。出来上がりが楽しみです。
 後援会の方のこまの芸でアシスタントもさせていただきました。成功!

 楽しいつどいでしたが、お世話になっている皆さんに十分なごあいさつもできず、申し訳ない思いで、会場をあとにしました。
 昭和区の皆さん、本当にありがとうございました。

新日本婦人の会愛知県本部「新春のつどい」

 
 移動して、新日本婦人の会愛知県本部の皆さんの「新春のつどい」に参加をさせていただきました。

 新婦人の皆さんには、学生時代から大変お世話になっています。
 若いころ、世の中の矛盾をたくさん感じていたときに、世の中をよくしようと昼夜を分かたずがんばっている先輩方がたくさんいることを知り、勇気と希望をいただいたという思い出があります。
 そんな皆さんに感謝の気持ちをこめて、ごあいさつをさせていただきました。

豊川市「新春のつどい」

 豊川市に移動し、「新春のつどい」に参加させていただきました。

 安間ひろ子豊川市議、佐藤郁恵豊川市議、稲生俊郎東三地区委員長が参加されていました。
 業者後援会の代表の方が消費税増税について詳しく報告。野田内閣が消費税を10%にするという中で、身銭を切って消費税を払っている中小業者の皆さんは、本当に大変で、営業を続けていくことができるかどうかのまさに瀬戸際です。くらしと営業を守るためにも消費税増税は許さないという熱意がこもったお話でした。

 続いて安間ひろ子豊川市議、佐藤郁恵豊川市議がお話されました。
 佐藤郁恵豊川市議は、豊橋ネットテレビに出演したエピソードなどを語られました。  “日本共産党が政権をとると財産を没収される?”との質問も出されたとのこと。
日本共産党は財産没収なんて一切考えていないこと、政権をとっても一党独裁ではなく複数政党制を保障し、政権交代もありうることなどお話されました。こうした誤解がまだあるのですね。誤解をなくしていくために私たちもがんばりたいと思います。
 佐藤郁恵豊川市議の誠実なお人柄もよくわかり、おもしろいお話でした。
 私もお話をさせていただきました。帰りの握手では、皆さんから温かい言葉をかけていただき、本当にありがたかったです。
 豊川の皆さん、本当にありがとうございました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)