もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
環境

【11・11・24】放射性物質検査のため豊田市ごみ焼却施設「藤岡プラント」煙突下の土壌を採取~大村よしのり豊田市議、猿投支部の方とともに豊田市環境部と「藤岡プラント」へ~

カテゴリー:

 
 11月24日、大村よしのり豊田市議、猿投支部の方とともに11月11日の猿投地域の放射線量測定結果をもって、豊田市環境部へ行きました。

 その測定結果をお示ししながら11日の放射線量測定で一番高い値が出た豊田市ごみ焼却施設「藤岡プラント」煙突下の土壌を名古屋市西区にある「市民放射能測定センター」で核種などを調べてもらうために採取させてほしいとお願いしました。

 環境部の了承を得て、「藤岡プラント」へ移動。

 「藤岡プラント」の職員の方にもごあいさつをし、同行していただいて、煙突下の土壌を採取しました。

(11月28日、「市民放射能測定センター」さんから“依頼書を受理しました”とのご連絡をいただきました。混み合っていて1ヵ月待ちとのことです。土壌を乾燥させて、12月中旬に2キロお届けすることになりました。)

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)