もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【11・11・07】TPP参加をやめさせるために力をあわせましょう!林業停滞の轍踏ませないとの愛知県森林組合連合会の皆さんの力強い言葉

カテゴリー:

 
 11月7日、環太平洋連携協定(TPP)問題で村松幹彦会長、井桁正人専務はじめ愛知県森林組合連合会の皆さんと懇談させていただきました。
八田ひろ子元参院議員、かわえ明美さんに訪問させていただきました。
 
 河江さんは、「TPP参加は、国民の暮らしと地域経済全般に大打撃を与えます。国のかたちを大きく変える大問題なのに、アメリカの顔色をうかがって性急に結論を下そうとするのは、亡国の政治以外の何物でもありません。力をあわせて野田政権の暴走を阻止しましょう」と提案しました。
 
 村松会長は、「TPPに参加すれば、日本の土台である農業も漁業もまったくダメになってしまいます。戦後段階的に行われてきた木材輸入の自由化で、著しく停滞してしまった林業と、同じ轍(てつ)を踏ませたくありません」と力強く話されました。「自民党、共産党などと言っている場合ではありません。日本の将来に係る問題は、党派を超えて、力をあわせて行動していかなければなりません」と語りました。
 
 井桁専務は、「衣食住がこれほど危ない状況に置かれているのは、先進国では日本ぐらいではないでしょうか。衣食住の確保は国の基本中の基本。衣食住を守ることこそが、国を守ることにつながると思います」と語りました。
 
 私は、JAの皆さんや森林組合の皆さん、漁業組合の皆さんが、全国でTPP反対署名を1166万筆とって運動にがんばっていることが、世論を動かしていること、国民の主権を守る運動であることなど申し上げました。

 村松幹彦会長は、意識改革や旧津具村の地域で森づくり、境界線を確定する事業に先陣をきってがんばってみえます。今度は是非現場でも学ばせていただきたいと思いました。

 愛知県森林組合連合会の皆さん、お忙しい中、本当にありがとうございました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)