もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
環境

【談話】韓国海軍哨戒艦沈没事件について―志位委員長が談話

カテゴリー:

 日本共産党の志位和夫委員長は5月21日、韓国の哨戒艦沈没事件で同国の軍民合同調査団が5月20日発表した報告について、次の談話を明らかにしました。談話は、夕刻から党本部で開かれたアメリカ訪問報告会の冒頭、紹介されました。
________________________________________

一、今年3月の韓国海軍哨戒艦沈没事件について、韓国の軍民合同調査団は20日、調査報告書を発表した。調査報告書は、いくつかの証拠を示しながら、「(哨戒艦は)北朝鮮製魚雷による外部水中爆発の結果、沈没した」と断定した。他国の軍艦を魚雷で攻撃するといった行為は、決して許されない無法で乱暴な軍事行為であり、日本共産党は厳しく非難する。

一、報告書は、「魚雷は北朝鮮の小型潜水艦艇から発射された以外に他に説明できない」とのべている。北朝鮮側は、この調査報告を「ねつ造」として事件への関与を否定する一方で、韓国に合同調査団の報告があげた証拠の「検閲団」を派遣すると表明した。北朝鮮は、関与を否定するならば、韓国側の証拠提示にたいして事実と根拠をあげて反証すべきである。

一、日本共産党は、南北両国はじめ関係各国が、北東アジアの平和にかかわるこの問題を、決して軍事的緊張の拡大・悪循環につなげることなく、外交的、政治的方法で解決するよう強く求める。

© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)