もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【10・05・01】第81回愛知県中央メーデーに参加/愛知県委員会の決起集会/中小企業の皆さんと懇談/派遣ぎり問題のご相談/春日井市で参議院選挙・市長選挙勝利決起集会

カテゴリー:

第81回愛知県中央メーデーに参加/愛知県委員会の決起集会

 
 5月1日、第81回愛知県中央メーデーに、かわえ明美比例予定候補、八田ひろ子元参院議員、名古屋市会議員団の皆さん、予定候補の皆さんと一緒に参加しました。
 皆さんからたくさんの激励をいただき、パワーをいただきました。

 メーデー後は、愛知県委員会で決起集会を行いました。各地区委員会の奮闘も紹介されました。

 

 

 

 

 

中小企業の皆さんと懇談/派遣ぎり問題のご相談

 午後からは、中小企業の皆さんから実情やご要望などお伺いしました。かわえ明美さんも一緒です。
 「トヨタ系下請け企業には、希望がない」、「単価切り下げにたいして抗議をしたくてもモノがいえない」、「得意先に言われたことをやったらより採算がとれなくなる」、「中国に進出してやらなければやっていけない」、「下請けに単価の引き下げをいって、トヨタが車を売るために車の値段を下げるなら、まだわかるが、車の値段は下げていない。トヨタは収奪ばかりだ」、「手取りがすくなくなり、マーケットが縮小するなかで、旅行業界も大変になっている。大手との価格競争も大変。日航の撤退で、競争がなくなり、全日空の航空チケットが2万5000円もあがった。個々の企業の努力もあるが、みんなの懐に余裕がなければ、旅行などにお金を使えない」、「繊維の卸し業だが、大変な状況。がんばって国内の仕立て屋にやってもらっているが、今は、仕立ても中国やベトナムに発注することが主流になっている」、「徹底した内需喚起でやっていく必要がある。内需型経済、労働集約型のデンマークは参考になる」などなどご教示いただきました。

 今、中小企業の皆さんにとって大変な時代です。だからこそ、大企業へ富が集中していることもより見えやすい状況だと思います。富の集中を是正する共同の輪を大きく広げていきたいと思っています。

 その後、派遣ぎりの問題でご相談を伺いました。また、大企業が違法な派遣をし、簡単に首をきるケースです。今後も支援していくことになりました。

春日井市で参議院選挙・市長選挙勝利決起集会

 
 夜は、春日井市に行き、参議院選挙・市長選挙勝利決起集会に参加し、お話をさせていただきました。
 伊藤ひろみさんを応援しました。伊藤ひろみさんは、4期15年、市会議員を務め、水害のときにも真っ先に現場に駆けつけ、支援し、議会でも質問。子どもの医療費無料化の拡大にも尽力。学校給食に、地元春日井で採れた米や野菜を使うことを議会で提案し、実現するなど、実績バツグンです。私もいつも親切に接していただいています。

 春日井市長の退職金は、4年で2400万円だそうです。伊藤ひろみさんは、「受け取りません!」と宣言しています。

 このお金があれば、小学校の卒業記念品の復活に300万円。児童デイサービス利用者負担軽減の継続に1200万円など、実現できます。

 ホテル支援に24億円もお金をだす一方で、国民健康保険税の値上げや敬老金の縮小、学校給食費の値上げ、水道料金の値上げなど市民には冷たい市政です。
 この政治を変えるためにがんばる伊藤ひろみさんを応援しています!!
 「ガンバロー」と大きな声で集会を締めくくりました。

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)