もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【10・02・07】旧小坂井町へ応援/知立市「躍進のつどい」/オール名鉄革新懇話会でお話し/東海市演説会

カテゴリー:

 旧小坂井町へ応援

 朝は、旧小坂井町へ応援にいきました。公職選挙法で選挙期間中は選挙運動に関する更新はできないので詳しくご報告できません。候補者の写真も新たに掲載することもできません。
 しかし、おかしな選挙法です。「くらやみ選挙」と言われるようなあり方を変え、もっとオープンな選挙ができるように公職選挙法は改正すべきです。

 知立市の「躍進のつどい」

 
 お昼ごろ、知立市の「躍進のつどい」でごあいさつをさせていただきました。

 佐藤修知立市議、高笠原晴美知立市議、高橋憲二知立市議、中島牧子知立市議、池田ふく子さんも参加。

 温かく迎えていただき、本当にありがとうございました。すぐに移動しなければならず、「ぜひまた呼んでください」とお願いして会場をあとにしました。

 オール名鉄革新懇話会の総会で「政権交代後、政局はどう変わった」をテーマにお話し

 
 午後からは、オール名鉄革新懇話会の第12回総会で「政権交代後、政局はどう変わった」をテーマに1時間ほどお話しさせていただきました。
 「母親が入院したが、すぐに退院しろと言われる。まだ直っていないのに…。こうした医療の問題に取り組んでほしい」、「アメリカ軍への予算を削っていけば、兵糧攻めで出て行くのではないか」、「高速道路の無料化というが、高速道路だけでなく、鉄道やバスなどにも公費を入れて100円値下げするなど提案してほしい」、「高速道路無料化はCO2削減にも逆行している。環境のためにも鉄道など公共交通に力を入れてほしい」、「もっとマスコミに出る工夫を」、「外国人参政権については、日本共産党はどう考えていますか」などなどご意見が出されました。
 皆さん、気さくな方で温かく迎えていただき、本当にありがとうございました。

 
 夕方からは、東海市演説会。辻井タカ子東海市議、安井ひろ子さんとともにお話をさせていただきました。
 昨年の1月1日、安井英樹東海市議(当時)が急逝されました。このたび、その遺志引き継いで妻の安井ひろ子さんが東海市議に挑戦することになりました。
 私も安井英樹さんに大変お世話になりました。家族しんぶんをうれしそうに見せてくださったことを思い出します。きっとひろ子さんが引き継いでくださったことをよろこんでみえると思います。
 安井ひろ子さんの熱い決意と辻井タカ子東海市議の力強い決意。
 これまでも生活相談にも熱心に取り組み、降下ばいじんなどの公害問題に一貫して取り組み、改善させ、子どもの医療費を中学校卒業まで入院無料化を実現し、妊産婦健診14回に拡大させるなど暮らしの応援者として日本共産党東海市議団は頑張ってきました。
 なんとしても安井ひろ子さん、辻井タカ子さんに頑張っていただきたい!熱気あふれる演説会でした。
 帰りには、参加された皆様と握手。「来てよかったわ」などなど温かい声をかけていただきました。ありがとうございました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)