もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
くらし守る

【09・11・24】愛知県医師会長と懇談

カテゴリー:

 
 11月24日、八田ひろ子元参院議員とともに愛知県医師会(名古屋市中区)を訪れ、妹尾淑郎会長、大野和美副会長と懇談しました。岸野知子元愛知県議も参加しました。

 八田さんは「お年寄りを差別する後期高齢者医療制度はただちに廃止する必要があります。先送りすべきではありません」と述べました。

 妹尾会長は、「制度が今後どうなるのかは不透明。新政権の動向を見守るしかありません。なによりも、世界一高い患者の自己負担を軽減することが必要。保険料滞納者からの保険証取り上げや、短期保険証の発行はやってはいけない」と語りました。
 その上で、「新制度をつくる場合、財源を明確にしなければならない。負担すべき人はきちんと負担して、払えない人には国が支援するとはっきり主張すべきです」と日本共産党に要望。

 私は、「私たちは、税と保険料は、所得や資産などの能力に応じて負担し、給付は平等に保障する応能負担型の医療制度に転換するよう提案しています」と党の政策を説明しました。「なるほど、なるほど」と言っていただく場面もありました。

 「医療現場のみなさんの思いを国政に必ず届け、国民のいのちと健康を守る医療制度を確立するためにがんばります」と申し上げました。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)