もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県の地域医療政策について、聞き取りを行いました!

カテゴリー:

 愛知県の地域医療政策について12月23日、県から聞き取りを行い、へき地や不採算医療への支援の拡充を求めました。

 浅尾もと子東栄町議、鷲野恵子前県議、山口清明前名古屋市議、須山初美県常任委員が参加しました。

 病院の再編統合問題について、愛知県は厚生労働省の再編リストのままやる気はないことを表明。

私は、医師の確保の必要性や南海トラフ巨大地震など災害時の医療体制のことも考えた医療体制の拡充こそ行うべきだと強調しながら、再編リストの影響を問いました。

愛知県の担当者の方は、厚生労働省に名指しされた碧南市民病院での臨床研修を辞退する事例があったと述べました。

 来年3月末で東栄医療センター(旧東栄病院)の透析を中止し無床化する計画について浅尾もとこ東栄町議は、「医師を県が派遣すれば透析を維持する条件はある」と強調。「町民の3分の1が透析の存続とスタッフ確保を求めている。医師の派遣など支援を強化してほしい」と訴え。医療機能が縮小されたことに町民から「無医村に戻るのでは」と不安が出ていると述べ、「町民の話も聞いて地域医療を守る計画を立ててほしい」と話しました。

 「(中止を決めた)町と医療センターの判断を尊重したい」と繰り返す県の担当者に対して、「地域医療の後退を防ぎ、へき地医療を守るためには県として支援する必要がある」と強調しました。

聞き取りでは、これから名古屋大学や名古屋市立大学の医学部に設置された地域枠(9年間、地域で働けば学費返済免除)の医師が出てくるため、医師不足の地域に配置できる見通しもあることが語られました。

 「地域医療構想」など推進のため、国が2/3、都道府県が1/3を負担する「地域医療介護総合確保基金」について愛知県の担当者の方は、厚生労働省の基準ではベット削減などの区分の額が多くなっているが、愛知県に必要なのは、医師・看護師の確保や在宅医療の推進の区分の方であり、地域の実情にあわせて柔軟に基金を使えるようにすることや、医学部の地域枠の縮小への懸念、地域枠の維持の必要性についての要望がありました。

私は「要望を踏まえ国会で求めていく」と述べました。

地域医療体制を守らなければ、住み続けることがいっそう困難になってしまいます。

後期高齢者医療制度の保険料は全県同じなのに、医療の体制がどんどん後退していくことを絶対に許すわけにはいきません‼️

引き続き、地域医療、とりわけ今、危機にある不採算地域、へき地医療を守っていくために全力を尽くします。

 
© 2010 - 2020 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)