もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

豊田市議の皆さんと、国交省中部地方整備局・豊橋河川事務所岡崎出張所に聞き取り!

カテゴリー:

 1月7日、豊田市内を流れる矢作川にかかる高橋(たかばし)が2月20日から4ヵ月間にわたって全面通行止めになる問題で、
 大村よしのり豊田市議、根本みはる豊田市議、本多のぶひろ豊田市委員会事務局長、本多さんと国土交通省中部地方整備局・豊橋河川事務所・岡崎出張所に聞き取りに行きました。
 国交省岡崎出張所は、愛知県から工事の委託を受けて、一部工事を担います。

全面通行止めになることは、2012年度の段階から愛知県はわかっていたことがはっきりしました。

 であるならば、なぜもっと早く住民の皆様に計画を知らせ、市会議員など関係者にも知らせ、声を聞くなどしなかったのか。
上から計画を押し付けるだけの自治体にあるまじき事業の進め方の問題を痛感しました。
 国土交通省としては、矢作川の堤防の強度を保つ努力もしながら事業をすすめることなど話を伺いました。
加えて、岡崎出張所職員の人手不足の問題、堤防を守るためにも草刈りが必要ですが、そのための維持修繕費が総額として減ってしまったことの問題も伺いました。

お忙しい中、どうもありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

 
 
 
© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)