もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【2010・01・17】天白区後援会新春のつどい/豊明市で新年会/豊田市新事務所びらき/豊橋市後援会新春のつどい

カテゴリー:

天白区後援会「新春のつどい」

 
09年総選挙の際に大変お世話になった天白区後援会「新春のつどい」に参加しました。温かい声をかけていただき、元気をいただきました。「天白区が育てた政治家と言えるようにがんばろう」と言っていただき、本当にうれしかったです。まだまだ未熟者ですが、本当に天白区をはじめ愛知3区の皆さんに育てていただいたのです。田口かずと市会議員、鳥居達生後援会長もあいさつされました。

豊明市の新年会でごあいさつ

 
 「八田ひろ子さんが、1998年の参議院選挙で当選したとき、この新年会に参加して当選しました。縁起がよい新年会です」と三浦孝文元豊明市議から紹介がありました。縁起のよいところにお呼びいただいて本当にありがとうございます。
 子どもさん、若いお母さんたちも参加していました。新しい皆さんと交流できてうれしかったです。

豊田市に新事務所!本当にうれしい!ありがとう!!!

 
 ある方のご厚意より、豊田市に日本共産党の新事務所が、開設されました。生まれ育った豊田市に使い勝手のよい、本当に素敵な事務所ができてうれしいです。大村よしのり市会議員、根本美春市会議員、豊田市の皆さんと一緒に喜びを共有しました。
私は、「このご厚意に応えることができるように、この事務所を拠点にして豊田市でも新しい共同の輪を広げたい」「非正規ぎりの中心地となっているこの豊田市から働く人の声をもっともっと国会に届けたい」と参議院選挙勝利の決意を申し上げました。
 「もちつき大会」も行いました。さまざまなところで、「もちつき」をやらせていただきますので、少しうまくなってきました。

豊橋市後援会「新春のつどい」

 
200名が参加する「新春のつどい」。シンガーソングライターのきたがわてつさんの歌、女性の皆さんとの歌のコラボもありました。楽しい行事にと工夫をされている豊橋市後援会の皆さんの活動には本当に頭が下がります。
梅村直子市会議員、伊達勲市会議員、牧野英敏市会議員からも新年の決意が語られました。たのもしい!
 帰り際に握手するときには、皆さんから温かい言葉をかけていただき、本当にありがとうございました。
また、「過労死」問題でたたかってみえる皆さんからお話しもお伺いしました。明らかに「過労死」なのに「過労死」と認められない日本。絶対に変えなければなりません。残業時間の上限をしっかりと法定化する、「過労死」を生まないルールをつくる仕事を絶対に国会でやりたいと思います。

 

 

© 2010 - 2019 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)