もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

静岡県知事選挙が始まりました!!!

カテゴリー:

 
 
静岡県知事選挙が始まりました!!!
日本共産党の もり大介 候補の出発式に応援に駆けつけました🏃‍♂️‍➡️🏃‍➡️🏃‍♀️‍➡️
 
森大介さんは、現在、日本共産党静岡県委員長ですが、
私が最初に出会ったのは、「しんぶん赤旗」の記者の時代です。
森大介さんは、静岡県中を駆け巡り、県民の皆様の切実な願い、悲痛な声を報道し続けておられました。
静岡県内駆け回り、県内のことがよくわかっておられます。
 
森大介さんは、大学で福祉を学び、共同作業所で働き、障がいがある方々の全面参加と平等を保障するために頑張ってこられました。
静岡県は、民生費や社会福祉は全国47都道府県で47位。
暮らしの安心のために静岡県ができることがもっとあります。
全国7位の財政力をみんなが安心できる方向に使わせましょう。
 
もり大介さんは、STOPリニア、浜岡原発再稼働反対、原発ゼロを訴えています。
リニア、静岡県民の皆さんが事業を遅らせていると描くメディアもありますが、違います。そもそもリニアは、事業計画自体が無謀で乱暴すぎるのです。
そこに住む人や自然環境は無視して、勝手に地図に線を引いて、従えというやり方自身がおかしいのではないでしょうか。
リニアは、電気を膨大に浪費する気候危機に逆行する乗り物で、総事業費も10兆円以上かかり、さらに膨れることが予測され、そもそも赤字の事業です。東海道新幹線の黒字分で穴埋めするというJR東海で働く人にとってもやらない方がいい事業です。
静岡県民のみなさん、とりわけ大井川流域のみなさんにとっては、命の水がかかっています。
生活環境、自然環境を壊す無謀なリニア計画は、森大介さんの勝利で断念させましょう。
 
浜岡原発の問題でも森大介さんは、再稼働許さず、きっぱり廃炉。
福島第一原発から13年が経ちました。
しかし、まだ人々の苦しみ、悲しみは続いています。
福島県では、今もなお東京23区の半分の面積が帰ることのできない帰還困難区域です。
戻って農業を続けたいこう思っておられた方は、戻ることができずお亡くなりになりました。
福島第一原発事故がなかったかのように
中部電力の幹部が国の会議で原発最大限活用とのべ、岸田政権もその方向に政策を大転換してしまいましたが、
世界一危険な浜岡原発の再稼働は許さない、原発ゼロ、訴える森大介さんをなんとしても押し上げていきましょう。
 
そして、静岡県には、約1万人の自衛隊員(定員) がいます。自衛隊員の方々を戦場に遅らせないためにちゃんとものをいう県知事が必要です。
今、岸田政権は、5年間で43兆円もの軍事費、憲法違反の敵基地攻撃能力保有で長射程ミサイルのために湯水のように税金を使おうとしています。
その上、戦闘機はじめ殺傷能力のある武器を輸出することまで閣議決定しました。戦争を助長しない、紛争を助長しない平和憲法を持つ国としての平和国家としてのこの国のあり方を根本から変えようとしています。今、全力でそんな方向にNOと言わなければならない時です。
日米首脳会談では、「作戦及び能力のシームレスな統合」との共同声明を出しました。
東富士演習場、キャンプ富士など住民のみなさんの安全・安心を脅かすことに対して、ちゃんとものをいう県知事が必要です。
森大介さん勝利で静岡から平和の声上げていきましょう。
 
出発式の司会は、鈴木節子前静岡県議、
リニア新幹線を考える静岡県民ネットワークの林克共同代表も応援に駆けつけてくださいました。
 
森大介さんを広げて頂きますよう、心からお願いいたします🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️
© 2010 - 2024 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)