もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

選択的夫婦別姓を実現する民法改正案、性暴力被害者支援法案、LGBTQ等性的少数者への差別解消法案の3法案を衆議院に共同提出しました

カテゴリー:

 
//選択的別姓 性暴力被害支援 LGBTQ差別解消 法案 //
//日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、れいわ新選組で共同提出!//
 
 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、れいわ新選組の各党は6月8日、選択的夫婦別姓を実現する民法改正案、性暴力被害者支援法案、LGBTQ等性的少数者への差別解消法案の3法案を衆議院に共同提出しました。性暴力被害者支援法案の提出者には日本維新の会も加わっています。
日本共産党からは高橋千鶴子衆議院議員、宮本岳志衆議院議員、私もとむら伸子が参加しました。
 
 民法改正案は、個人の尊厳と男女の対等な関係の構築などの観点から、婚姻時に夫婦同姓か別姓かを選択できるとするものです。
 法案提出後の会見で、提出者の高橋議員は、政府は世論の動向を見ると繰り返してきたが、世論が政府を追い越しているのが現状だとして「一刻も早く成立させるためにみんなでがんばりたい」と述べました。
 
 
 LGBTQ差別解消法案は、性的指向や性自認を理由とする差別について、行政機関や事業者における「差別的取り扱いの禁止」を定め、職場や学校などで差別を解消する方策を盛り込みます。実効性確保のため主務大臣が指導や監督などを行うとしています。
 提出者の宮本議員は「性自認や性的指向がどうであれ自分らしく生きる権利がある。そのことが尊重される社会を力をあわせてつくりたい」と語りました。 
 
 
性暴力被害者支援法案は、被害者支援を一元的に行う「ワンストップ支援センター」の機能の充実や被害直後からの支援の明確化、国の財政措置などを盛り込んでいます。
私は提出者になっています。記者会見で私は、「支援センターへの今年度の国の予算は4億5000万円程度しかない。47都道府県で割れば1000万円をきる。2人分の人件費の予算くらいしかない。法案は財政的措置も明記し、中長期の支援を含め被害者を強力に支援するもの。超党派で成立させ、支援に資するよう全力をあげたい」と表明しました。
 
与党の皆様、ぜひご賛同いただきますようお願いいたします<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
 
 
 
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)