もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

人権救済を最優先にする政権に変えよう!!!

カテゴリー:

10月27日の「中日新聞」にハラスメントの問題が載っていた。
自分がパワーハラスメントを受けていなくても、近くで被害をみていると「間接被害」があることを指摘。
「目指せ!投票率75%プロジェクト」の4万4600人アンケートでは
衆院選で重視する政策
「働く環境の改善」が最多76%。
 
ハラスメント禁止の法整備を繰り返し質問で求めたが、
自民、公明政権のもとで実現していない。
日本経団連がハラスメント禁止の法整備に反対しているから。
就活中の学生さんも保護、救済の対象とする
セクシュアルハラスメント禁止法案も野党で
人権救済を最優先にする政権に変えよう!!!
© 2010 - 2022 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)