もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

静岡駅前と浜松駅前で山下よしき副委員長を迎えて大演説会をおこないました!

カテゴリー:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  静岡駅前と浜松駅前で山下よしき副委員長を迎えて大演説会。日本共産党の山下芳生副委員長は、衆院比例東海ブロックの候補者らとともに、静岡県浜松市と静岡市で街頭演説しました。

 「来たるべき総選挙で菅義偉政権を代えて野党連合政権を実現させよう。共産党の議席を、比例東海ブロックで2議席の実現、3議席以上を取る勢いに押し上げてこそ政権奪取の歴史的選挙にできる」と訴えました。雨の中、膨れ上がった聴衆が大きな拍手を送りました。

 比例予定候補の、しまづ幸広前衆院議員(静岡1区重複)、長内史子党愛知県委員会青年学生部副部長、静岡2区の鈴木ちか予定候補、静岡8区の平賀たかしげ予定候補とともに決意表明をしました。
 司会は、鈴木節子静岡県議、小黒啓子浜松市議。

 山下さんは、コロナ禍で国民が苦しむ中、「自助」を強調する菅首相を批判。キャンパスに入れず高学費に苦しむ学生へ民青同盟が実施した食料支援は全国に広がり「バイトがなくなり2、3日は食事抜き」などの切実な声が寄せられているとして、政治の仕事は学費値下げや大学の感染防止など学ぶ権利を保障することだと強調しました。
 自助を押し付ける新自由主義の転換を求める野党共闘の前進や、命と暮らしを大切にする社会をつくる「七つの提案」を紹介。候補者を先頭に地域や職場での共産党の活動をバージョンアップさせて「草の根から政権奪取の選挙にしていこう」と呼びかけました。

 私は平和の問題を中心に「市民と野党の共闘で核兵器禁止条約を批准できる政府へと変えていこう」、しまづさんは「原発ゼロの日本をつくるために働かせてください」、長内さんは「政治の目線を大企業、米国から国民の暮らしに転換させよう」と訴えました。

たくさんの皆様にご参加いただき、カンパなどまでいただき、本当にありがとうございました!!!

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)