もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

違憲の安保法制を廃止し、立憲主義回復を!2020あいち集会

カテゴリー:

 戦争法と呼ばれる安保法制の強行採決から5年の9月19日。
 違憲の安保法制は廃止に!!!立憲主義を取り戻そう!!!名古屋の白川公園で集会が開かれました‼️まだまだ声をあげていきますよー‼️‼️‼️
 中谷雄二弁護士の主催者あいさつ、愛知県弁護士会の山下勇樹会長の連帯のご挨拶、長峯信彦愛知大学教授の情勢スピーチ。政党からは、立憲民主党の近藤昭一衆議院議員、社会民主党の平山良平さん、そして、日本共産党の私がそれぞれスピーチしました。
 私は、「敵基地攻撃能力」保有に関する安保法制の審議の際の国会論戦、安倍首相の「想定していない」との答弁、それに反することがあからさまに想定され、装備も軍拡の方向に進んでいる5年後の現実を告発し、安倍改憲をストップさせてきた市民+野党の共闘の力をいっそう発揮し、軍縮、平和憲法の方向に動かしていこう‼️とスピーチしました。
 集会後は、白川公園から栄三越前までパレード。「NO WAR」でアピール。リズムにのって「平和も 人権も 憲法が大黒柱」(たしか大黒柱だったと思います(笑))などなどコールしました。手をふってくれる方々、親指と人差し指でハートマークをつくってくれる若者など元気をいただきました。
 わしの恵子前愛知県議や参加者の皆様と写真をとっていただきました。皆様、本当にありがとうございました!!

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)