もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県稲沢市で、稲沢市議選・現有2議席から3議席獲得をめざす党演説会が開催されました。

カテゴリー:

 愛知県稲沢市で9月8日、稲沢市議選で現有2議席から3議席獲得をめざす党演説会が開催されました。

 渡辺ちなみ稲沢市議、そがべ博隆前稲沢市議、日比すすむ稲沢市議選予定候補が、開発優先から暮らし第一の市政に変える決意を述べ、3議席になれば議案提案権を得て市民要求実現が前進すると強調しました。

 市議選は定数26に37人の立候補が見込まれる多数激戦の様相です。

 2期目をめざす渡辺ちなみ予定候補は、「保育園給食の主食費補助、全小学校で学童保育の実施を実現した。18歳までの子ども医療費無料化など子育て支援策を充実する」と話しました。

 議席回復をめざす、そがべ博隆予定候補は「開発優先・市民負担増の市政は、旧祖父江町の小学校や保育園を半分にする計画。学校と保育園の存続に全力をあげる」と語りました。

 渡辺幸保稲沢市議の後継の日比すすむ予定候補は「医療・介護の現場で作業療法士として働き、医療専門学校の教員として作業療法士の養成にあたってきた経験を生かし、福祉・介護の充実、安心のまちづくりをする」と述べました。

稲沢市でも安倍政権の消費税増税、大企業優遇、憲法改悪、F35爆買いなど悪政と暴走をストップ!の議席を増やしましょう!!!!!

すでに稲沢市議選は始まっています。

皆様の大きなご支援を何卒よろしくお願いいたしますm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)