もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

静岡県島田市と焼津市へ行き、よつや恵静岡2区予定候補と、憲法を守る日本共産党の議席を伸ばしてほしいと訴えました!!!

カテゴリー:

10月7日、静岡県島田市と焼津市へ行き、よつや恵静岡2区予定候補と、憲法を守る日本共産党の議席を伸ばしてほしいと訴えました!!!

よつや恵さんは、お父様が広島で被爆した被爆2世で、核廃絶、被爆者援護のために頑張ってきた方です。演説もどうどうとされ、頼もしい!!!

島田市では、桜井洋子島田市議、支部や後援会の皆様が一緒に宣伝してくださり、心強い!!!

スーパー前では、「日本共産党はいいこといっているが理想論だ」と言われる方に支部の方がずっとお話をされるなかで、日本共産党を支持してくれるようになったそうです!

また、家から出てずっと聞いてくださった方は、「安倍さんはひどい!ずっと民主党、民進党を応援してきたけど何であんなふうになってしまったのか」と悔しい胸のうちを語ってくださっそうです。

車から手をふって下さる方、「がんばってね」と声をかけてくださる方々に元気をいただきました!!!

焼津市でも、深田ゆり子焼津市議、杉田源太郎焼津市議、支部や後援会の皆様が一緒に宣伝していただき、パワーをいただきながら宣伝しました。

車からたくさんの声援をいただいたり、「ピューッ、ピュッ♪」と指笛の応援をいただいたり、元気をいただきました!!!

焼津市は、ビキニ環礁でアメリカの水爆実験で被爆した第五福竜丸がマグロ漁船として活動していた地域です。
久保山愛吉さん(無線長・当時40歳)は「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」と言い遺し亡くなられました。

3月1日には、毎年ビキニデーが取り組まれ、亡くなられた方々への哀悼と核兵器をなくす運動が粘り強く続けられている地域です。

その焼津市の市議会で、「核兵器禁止条約の早期批准のためリーダーシップを発揮し橋渡し役を求める意見書」が全会一致で可決されたそうです\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/本当にすばらしいです。

※採択された意見書及び日本共産党焼津市議団提案などは、深田ゆり子焼津市議のブログをご覧下さい。https://ameblo.jp/yurikofukada0110ya…/entry-12317131697.html

戦争や核開発によって、人の命が奪われるようなことを起こさせないためにも日本共産党が今、がんばらなければ。

決意を新たにした宣伝でした。

島田市の皆様、焼津市の皆様、本当にありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)