もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

愛知県新城市の演説会で、来るべき市議選で頑張る浅尾ようへい新城市議、川合まもる新城市議選予定候補を押し上げようと訴えました。

カテゴリー:

日本共産党が創立されて95年となる7月15日、愛知県新城市の演説会へ行き、来るべき市議選で頑張る浅尾ようへい新城市議、川合まもる新城市議選予定候補を何としても押し上げよう、総選挙で必ず安倍政権を退陣させようと訴えました!!!

金原のぶゆき愛知14区予定候補(新城市委員長)、稲生俊郎東三地区委員長も訴えました。

新城市議選は、10月22日告示、29日投票・定数18)です。

前回市議選でトップ当選し、党議席の空白を克服した浅尾ようへい市議は、市政のムダづかいを追求し、国保税1人1万円の引き下げや非核平和都市宣言などの実績を報告。「市民病院充実、高齢者福祉、子育て支援、産廃施設の悪臭問題に取り組みたい」と政策を述べました。

複数議席獲得に挑戦する川合まもる予定候補は、「人口減少で高齢独居や空き家問題、買い物弱者などが広がっている。困っている人を助けるのが政治の役目。共産党2議席実現でハコモノから生活応援の姿勢をつくっていこう」と呼びかけました。

地域を変えて、国政も変えていこうと熱気あふれる演説会でした。

新城市の皆様、本当にありがとうございましたm(__)mm(__)mm(__)m

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)