もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

「共謀罪」法案が可決されてしまいました。国会の力関係をどうしても変えたいです。

カテゴリー:

 衆議院本会議、自民党、公明党、維新の党の多数で「共謀罪」法案が可決されてしまいました。

 総数459票
 賛成338票
 反対121票

 本当に悔しいし涙がにじんできます。国会のそとの運動は大きく広がりつつあります。国会内外の力で、参議院で必ず廃案に!!!!!
 
 そして、国会の力関係をどうしても変えたいです。

 衆議院国土交通委員会では、本会議終了後、「不動産特定事業法改定案」の趣旨説明が行われました。

 もともと「住宅宿泊事業法案」(いわゆる「民泊新法」)を先に審議するとしていたのにも関わらず、非公式な場、アンダーグラウンドで「不動産特定事業法改定案」に急にかわり、本日夕方の理事会で、趣旨説明を受けて、明日には質疑と決められてしまいました

 乱暴なやり方であり、夕方決めて、通告となると国土交通省職員の長時間労働にもつながるので、明日はやるべきでないと反対しましたが、ほかの会派の方は、特に異論がなく、決められてしまいました。

 国土交通委員会の運営においても正式な理事になり、民主的な運営としっかりした審議ができるようにしたいです(今はオブザーバーという立場で理事会、理事懇に参加しています)。

 そのためにも議席を伸ばさなければなりません。

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)