もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

稲沢市長選挙がスタートし、そがべ博隆市長候補(無所属・日本共産党推薦)の出発式で応援演説にかけつけました!!!

カテゴリー:

11月27日、稲沢市長選挙がスタートし、憲法をくらしに生かす稲沢民主市政の会の そがべ博隆市長候補(無所属・日本共産党推薦)の出発式で応援演説にかけつけました!!!

 渡辺ひろし愛知9区予定候補も一緒です!

 実直、誠実、優しさあふれる そがべ博隆さんが市長になれば、安心して暮らせる稲沢市になること間違いなし!!!

 そがべ候補は、「リニア新幹線開通に合わせた再開発など、国いいなりの自民党型政治で開発を優先し、市民の生活を置き去りにしてきた」と指摘。「市民の声を市政に反映し、開発優先の市政から暮らし応援で誰もが安心して暮らせる市政へ転換していきたい」と訴えています。

☆くらしをサポート
☆子育てをサポート
☆地域をサポート
☆平和を守り、憲法を生かす

 この4つを大きな公約にして、▽一般会計繰り入れで国保税の引き下げ▽特養ホームの増設など高齢者の居場所づくり▽高校卒業までの医療費無料化▽義務教育の学校給食無料化▽コミュニティバスの路線、便数拡充▽祖父江、平和地域の支所を残し、災害時拠点など機能を充実させる―など豊かな財政を暮らし、子育て、地域に使うと述べ、「リニア、TPP、原発、安保法制(戦争法)、憲法改悪など安倍政権の暴走に稲沢からノーの声を上げていきたい」と訴えています。

 最後の最後まで、そがべ博隆候補への応援を心からお願いいたします<(_ _)>

15241245_892114240924960_7034578951219785700_n 15167503_892114277591623_8961328686364091204_o

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)