もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

アジア政党国際会議で、志位和夫委員長が日本共産党を代表して核兵器禁止条約の交渉をと発言しました。

カテゴリー:

アジア政党国際会議で、志位和夫委員長が日本共産党を代表して核兵器禁止条約の交渉をと発言しました。
志位さんが発言してくれてとてもうれしいです。
どうか一刻も早く被爆者の皆さんの思いが届きますように。

会議の宣言文書案には「核兵器禁止条約のすみやかな交渉開始を呼びかける」と明記されていましたが、採択直前に中国共産党がこの部分の削除を要求。
結局、上記の記載部分は削除された宣言が採択されるという結果になりました。

(日本共産党は宣言の内容が変更・後退させられたことを厳しく批判し、宣言の部分的保留を表明する文書を提出。)

中国共産党の横暴なやり方は、本当にひどいです。

核保有国の態度を変えさせるためにも、核保有国のアメリカに付き従う日本を変えることも肝要です。

国際的世論で包囲していくこと、日本を変えること、いっそうがんばっていかなけれなりません。

 
 
© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)