もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【16.03.23】衆議院国土交通委員会での視察にいきました。

カテゴリー:

 
衆議院国土交通委員会での視察にいきました。

◆国営東京臨海広域防災公園・有明の丘基幹的広域防災拠点(東京都江東区)

国会方面から大きな橋を渡って到着。首都圏直下型地震のときに各関係者がここに集まれるのか、防災拠点として機能するのか、疑問に残る立地でした。

◆株式会社横浜神奈交バス舞岡営業所(神奈川県横浜市)

会社全体で2000台くらいのバスをもつ会社。運転手の方の出発前のアルコール検査、健康チェックなど確認する様子をみさせていただきました。
また、研修用の特別車両を導入し、年間500人程度が研修を受けていること、毎日の路線バスの運転を分析できる機器の導入など大きなバス会社だからこそ独自にできると痛感しました。
中小のバス会社でも共同でこういう仕組みは入れるべきだと思いました。

◆横浜海上保安部(神奈川県横浜市)

年間40兆円を稼ぎだす要所、東京湾。浅瀬があるために通ることができる航路が限られており、反時計回りでの運行ルールで混乱を避けている様子を伺いました。

◆東京湾海上交通センター(神奈川県横須賀市)

東京湾の航行管制を行っている場所で、高性能レーダーやAIS(船舶自動識別装着)を使いながら安全運行のために頑張っている働く皆さんがおられました。

◆国立研究開発法人港湾空港技術研究所(神奈川県横須賀市)

以前も名古屋市議団とうかがったことあるところです。津波を人工的に起こす装置や海の中の情報を映し出すカメラなどをみました。

ここでも運営費交付金は減少傾向でした・・・。

皆様、本当にありがとうございました<(_ _*)><(_ _*)><(_ _*)>

 

 

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)