もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【16.02.27】若い女性2人が企画された「せんきょカフェ」に参加しました。

カテゴリー:

 

2月27日、若い女性2人が企画された「せんきょカフェ」に参加しました。
危機的にみえる状況に何かできないかと思ったことが、企画されたきっかけ。
まずは、知ることからはじめたいと、ツイッターで講師に来てくれるという大学教授に依頼され、国会議員にも一人の人として出会いたい、聴いてみたい、誰かと話したい、という思いをカタチにしてくださいました。

大河内美紀名古屋大学大学院教授からは、「選挙はなぜあるの?」をテーマにした、そもそもの歴史をひもとくお話がありました。
フランス革命後、必ずしも代表者は選挙でなくてもよいという状況があったそうですが、産業革命で、働く人たちがどうも自分たちの意見を代表していないということを気づくに至り、自分たちの代表も政策決定の場に参加させるよう求めたことが普通選挙の始まりだったそうです。まかせて大丈夫な政治なら投票にいかなくてもいいが、自分たちの声が届いていない、信用できないと感じるなら投票に行って変えるしかない!とわかりやすくお話して下さいました!!!

  国会議員は、民主党の近藤昭一衆議院議員と日本共産党の私が、そもそもなんで議員になったのか?、
普段は何をしているか?、一番実現したいことはなにか?との質問に答えてトークしました。

安心・希望・分かち合いを大切にした場の設定をしてくださり、アットホームな雰囲気で時間はあっという間に過ぎてしまいました。

今の危機的な状況のもとで一歩踏み出そうと企画してくださったことに感動しました。

Facebookの友達の友達みたいな感じで、こうした企画に参加したのは初めてという方々もおられました。

こうした企画があちこちで開かれ、政治のことを自由に語ることのできる日本にしていきたいですね!!

 今回企画されたお2人は、4月24日日曜日13:30~@平田寺(名鉄西春駅徒歩10分)で、映画「首相官邸の前で」の上映会をやるそうです。

私も一度みたかった映画。行けるといいな。

とにかく良い企画でした!!!
 皆様、本当にありがとうございました<(_ _*)><(_ _*)><(_ _*)>

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)