もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.11.17】UR団地に住む皆様でつくる全国公団住宅自治会協議会の皆様と家賃問題で懇談をさせていただきました。

カテゴリー:

 
11月17日、UR団地に住む皆様でつくる全国公団住宅自治会協議会の皆様と家賃問題で懇談をさせていただきました。
穀田恵二国対委員長、辰巳コータロー参院議員と一緒です。

 UR都市再生機構は、家賃改定ルール見直しの「中間報告」を出しました。
 
 その中身は、?値上げ幅を、市場家賃との開きを3分の1から2分の1に引き上げる、?値上げは、周期を3年から2年にはやめ、各戸賃貸契約日ごととする、?高齢者等への家賃据え置き措置対象を切り下げ、所得10万4000円(現行 15万8000円)以下の低所得者に限る、?家賃増収分は、修繕費等への国会決議を反故にする、など居住者の皆さんの願いに反する中身です。

 UR団地は、家賃が高いところで空き家があります。
 空き家総数は、82735戸(2013年時点、総管理戸数75万戸の11%超)。空き家による家賃損失は、年間722.5億円(2013年度、減損損失514.9億円)。

 家賃を値下げをして空き家を減らすことこそ、経営を改善できるまともな道なのに、UR機構は、そうした努力を怠っています。

 しかも「近傍同種家賃」の査定に客観的公正さの根拠も「信用できない」とのお声もありました。

 さらには、政府資金への高金利支払いも高家賃、居住者の皆さんの不安の原因になっているとのお話もありました。

 安心して住み続けられるUR団地のために、引き続き頑張ります!!

 お忙しいところ、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)