もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)-
レポート

【15.09.10】来年度予算の概算要求で、設楽ダムの要求額は52億2000万円(今年度37億7400万円)と増やしています。

カテゴリー:

 来年度予算の概算要求で、設楽ダムの要求額は52億2000万円(今年度37億7400万円)と増やしていますが、新規で、転流工の工事をやる予定で、引き続き用地補償や付替道路工事のお金が計上されています。

 転流工とは、導水路のようなものを川のわきにつくり、本体工事の際にはそちらに水を流すためのものです。

 この導水路のような構造物に転流されたとき、豊川上流は水の流れない、岩や土砂丸出しの死の川になります。

 設楽ダムストップの声もいっそう大きくしていきましょう!!!

 

© 2010 - 2021 もとむら伸子(日本共産党衆議院議員)